お風呂の黒カビ退治は月に1度の簡単手抜き掃除がちょうどいい

スポンサーリンク

お風呂掃除はめんどうでやりたくありません。
ちょっとさぼると、ぬめりや黒カビ。
DSC00645_20151106205915ca8.jpg
あの手この手、そして手抜きで、いかに楽してきれいにするかが重要ですが、最近は掃除のしかたが定着しています。
月に1度のほったらかしで黒カビ退治がちょうどいい感じです。


【お風呂場の黒カビ退治】
重曹使ったり、ブラシでこすったり、ラップをしてみたり・・・あの手この手でいろいろやってみましたが、結局お風呂場の黒カビをきれいにする方法は、塩素系漂白剤を使うのが一番手抜きできるという結論に至りました。
DSC00640_20151106205909870.jpg
月に1度、浴槽に水を張ってそこに塩素系漂白剤を入れ、あとはなんでもかんでもポイポイ漬け込むだけ。
お風呂のイス、洗面器、浴槽のフタ、排水溝のパーツなどなど、プラスチック素材のものであればなんでもかんでもつけ置きします。
朝、出勤前に漬け込んで行き、夜帰ってきてから、引き上げるだけ。
いちいちひとつひとつのパーツをこすり洗いしていたら、時間がかかりますが、これなら一気に見事に黒カビもぬめりもすっきりきれいになります。
DSC00643.jpg
排水溝のパーツは、洗い流さなくてもそのままセットするだけ。
DSC00642_2015110620591123e.jpg
浴槽のフタの溝の部分も、塩素系漂白剤につけておくだけで、こんなにきれいになります。
以前は、ブラシで溝をこすっていたんですけどね。
そういう手間と時間が必要なくなりました。
DSC00644_20151106205914886.jpg
浴室の壁にセットする棚も、ひとつひとつスポンジでこすり洗いをしていましたが、今ではつけ置きしてそのまま設置。
シャンプーボトルやボディソープのボトルも一緒に漬け込んでおくと、簡単にきれいになります。
ひとつひとつのパーツは水で洗い流さなくてもOKです。
どうせ、お風呂に入るとき、水がかかってきれいに流れますからね。
浴槽にためていた漂白剤入りの水は流した後、シャワーで洗い流し、あとはお湯をためて入浴するだけです。
うちの場合は、だいたい月に1度程度つけ置き洗いをしています。
そして毎日の浴槽の掃除は、重曹。
我が家の場合、お風呂の入浴剤は重曹を使っているので、重曹の残り湯で浴槽や洗い場を簡単に掃除しています。
⇒家にいながら美人の湯 重曹で効果あったこと5つ
月に1度の漂白剤つけ置き洗いが定着すれば、年末大掃除は必要ないですもんね。
・・・と、いきたいところですが、お風呂場の天井と換気扇。
ここがふだんなかなか掃除しない場所なので、今月中にここをきれいにして、年末大掃除お風呂場編は終了したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました