子どもの国民年金保険料納付で節税対策 長男の保険料が終了してなんだか感慨深いのだ

スポンサーリンク

今年も、長男の国民年金保険料控除証明書が届きました。
時の流れは早いもので、あれから1年が経つのですね。
DSC00634_2015110420222168d.jpg
子どもの国民年金保険料は、親が立て替え払いをしていますが、払い過ぎた税金は年末調整で返してもらいます。


【大学生の国民年金保険料】
20歳を過ぎたら国民年金保険料の納付。これ、国民の義務です。
ところがやっかいなことに、20歳を過ぎても大学生は収入がない。
ならばどうするの?
というわけで、我が家の場合は長男の国民年金保険料は、親が立て替え払いをしています。
長男が20歳になったとき、支払いをどうするか長男へ決めさせました。
①学生納付特例制度を利用する
②バイト料からねん出する
③親が肩代わりして、就職したら親に保険料を返す
長男が選択したのは③でした。
私もそうするつもりでしたが、一応長男へも自覚を持ってもらうという意味で、あえて聞いてみたのです。
⇒国民年金保険料 20歳の学生 お得に支払う最善の方法
長男が20歳になったと同時に支払ってきた国民年金保険料。
年間約18万円。決して安くはない保険料も、この春1年分を全納しました。
少しだけ肩の荷が下りたような気分です。
【節税対策】
子どもの国民年金保険料を、親が立て替え払いをすると節税になります。
会社員であれば、年末調整で払い過ぎた税金が返ってきます。
申告は、父親でも母親でもどちらでもOKですが、我が家の場合お金の管理はすべて私がやっているので、私の会社へ長男の国民年金保険料控除証明書を添付して申告しています。
DSC00635_201511042022235a7.jpg
以前は、年末調整で返ってくるお金は1万円程度でしたが、長男の国民年金保険料の申告をするようになってからは、2万円以上が返金されるようになりました。
元々は、自分が納めすぎた税金ですから、年末調整でお金が戻ってきても、「わーい!」と浮かれている場合ではないのですが、税金と言うのは自分で申告しないと、決して返してくれないものですので、きっちりしっかり申告することが大切です。
【年末調整の行方】
お正月は長男が帰省する予定ですので、年末調整で長男においしいものをたくさん食べさせてあげたい。
それが、私にとっての年末調整の有意義な使い方です。
年末年始は、料理もいろいろと作るので、いつもの家計を気にせずに、ちょっと贅沢にいろんなものを買いたいなぁ・・・。
そんな長男も、来春には社会人。
年金保険料も自分で納付するようになるんですね。
なんだか感慨深い。
そして、来年度は年末調整の返金額が減ってしまう。←そこ?
なーんていう心配は無用でありました。
来年20歳になる次男がおります。
来年も、次男の国民年金保険料を支払うために、少しでもお得に払う方法を考えています。
嗚呼・・・。
まだまだ教育費はかかるのだなぁ・・・・。

大学生
スポンサーリンク
soratohanaをフォローする
スポンサーリンク
がんばらない節約とシンプルな暮らし
タイトルとURLをコピーしました