年末大掃除発動 オーブンレンジほどやりがいのない掃除はないと思った

スポンサーリンク

今年も残すところあと2か月。
年末大掃除はやりたくないので、これから週に1度のペースでふだんやらない箇所の掃除を徐々に進めていきたいと思います。
DSC00461.jpg
そんなわけで、手始めにオーブンレンジ。
オーブンレンジの中の掃除ほど、やりがいのない、達成感のない掃除はない・・・と実感しました。


【オーブンレンジフル稼働】
我が家のオーブンレンジの使い方。
電子レンジ使用8割、オーブン使用2割・・・といったところでしょうか。
毎朝、お弁当をつくるさいにはレンジフル稼働。
夜は、遅く帰ってきた夫が、晩ごはんの温めに使います。
オーブンは、グラタンを焼いたりたまーにケーキを焼いたり・・・。
レンジを使わない日はないというほど、365日お世話になりっぱなしです。
そんなオーブンレンジの中は、料理の油や汁などが飛び跳ねていると思われるのですが、なんせ中は黒くて見えにくく、ほとんど拭くことがないというのが事実。
時々、気になったときにはササッと拭いたりはするのですが、なんせ我が家のオーブンレンジは16年目に突入で、相当汚れはたまっていると思われます。
実は、オーブンレンジの掃除を大々的にしたのが、昨年の1月のこと。
あれからすでに2年近くが経っていたとは!驚きです。←他人事
⇒オーブンレンジも簡単キレイ!やっぱり重曹はすごかった
【オーブンレンジの中の掃除】
今回は、ずーっと気になっていたオーブンレンジの中を徹底的にきれいにしたいと思います。
DSC00469.jpg
耐熱皿に重曹1/2カップ(適当)とお水を入れて、レンジでチンします。
ふつふつと沸騰するまで。
そしてレンジ内にそのまま放置。
レンジの内側がしっとり蒸気で湿ってきたら、掃除開始です。
重曹の水蒸気で、レンジ内は油汚れなどが落ちやすくなっているはず。
DSC00474.jpg
ふきんで拭く前に、レンジ内を歯ブラシで軽くこすってみると、想像通りブラシはコゲで真っ黒に!!
それからお湯でしぼったぞうきんで、ひたすらレンジ内を拭きます。
DSC00475.jpg
1回目の拭き掃除、中にこびりついていたコゲがごっそり剥がれ落ちてきました。
ああ、恐ろしい・・・。
2回目も同じ。
3回目も同じ。
拭いても拭いても、ぞうきんが真っ黒になります。
DSC00476.jpg
5回目くらいで、ようやくコゲがつかなくなりましたが、まだまだぞうきんは真っ黒。
DSC00477.jpg
10回くらい拭いたところ。
いぜんとして、きれいにならず。
重曹の蒸気で、ものすごく汚れが浮き上がったのか、はたまた、私が今まで掃除を放置しすぎたせいなのか・・・。
前者だと思いたい・・・。
DSC00479_20151029230324ecc.jpg
20回目くらいで、ようやく黒さに陰りがみえてまいりました。
その後、30回くらい拭いたところで終了。
完全にきれいになったわけではなく、もういいや!と妥協。
おい、おい、年末大掃除なじゃないの・・・?と、自分で自分にツッコみながらも、もう嫌になり強制終了したといったほうが、正しいです。
<before>
DSC00467_20151029224700273.jpg
<after>
DSC00482.jpg
きれいになったのか否か、全然違いがわからない。
ただ、確実にちがうのは、レンジ内のこもったにおいが、まったくしなくなったこと。
これは、やっぱり重曹できれいになったんだと思いたいです。
<before>
DSC00487.jpg
<after>
DSC00490.jpg
レンジの扉のコゲは、ほぼきれいになりました。
とはいえ、なんだか掃除したという達成感がないまま終了。
オーブンレンジほど、掃除後の清々しさが感じられないものはないということがわかった掃除でした。
16年目のオーブンレンジ。
まだまだお世話になります。
そして、もし今度オーブンレンジを買い換えたさいには、こまめに重曹蒸気で掃除したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました