劇団四季アラジン感想はすごい!という言葉しか出てこないほどすごい だがしかし最後にモヤモヤ感あり

スポンサーリンク

劇団四季の舞台を観ると、必ず感動の涙を流す私が、涙を出すことも忘れてしまうほど。
アラジンがすごかった!
もう、すごい!という言葉しか思いつかないくらい、すごかった!
DSC00299_20151004204636a25.jpg
たぶん、舞台の間の3時間、私ずーっと口を開けて観てました。


【劇団四季アラジン感想】
前評判がすごく良くて、私の友達も一足先に観にいったら、「とにかくすごいから!」との感想で、自然と期待も高まるアラジン。
チケットを予約したのが1年ほど前だったと思うのですが、あっという間にアラジンを観る日がやってきました。
m.jpg
観た感想ですか?
すごい!とにかくすごいから、みんな観て!
としか言いようがないくらい、すごかったです。
本当のエンターテイメントショーとは、こうあるべきだ!みたいな構成で、常に舞台が動いてるのです。
歌って踊って、パロディーも入ってて、もうおいしいとこ全部取りみたいな。
さらに、舞台セットが豪華絢爛、きらびやか!衣装もきれい!
黄金の洞窟は、みていて本当にまぶしいし、お城の繊細なつくりもすばらしい。
空飛ぶ絨毯のシーンでは、本当に宇宙の中に自分もいるような感覚になり、ただただため息が出ます。
ジーニーの歌う「理想の相棒」は、約8分間にわたりこれでもかってくらいに、動く、ダンスする、しゃべる、ハモる、笑いをとる、サイコーに楽しいショーを、まさに観客のために魅せてくれます。
そして、劇団四季の最大の魅力は、アンサンブルのすばらしさ!
震えるくらいに、すごい!
で、いつもならこの感動で、私はハラハラと涙を流すのですが、あまりにもすごくて、ただただ唖然としてしまって、涙を出すのを忘れていました。
いやぁー、よかった。
いやぁー、楽しかった。
いやぁー、観て本当によかった。
また来る、絶対に、うん。
DSC00268.jpg
【舞台が終わって】
約3時間の舞台は一寸とも飽きることなく、気が付けばもう終わり。
カーテンが開いて、役者さんたちが次々に挨拶する姿に、拍手喝采。
3回目のカーテンコールで、パラパラと前の方の席の方たちが立ち始め、4回目のカーテンコールで私も立ち上り惜しみない拍手を送りました。
だって、本当にすばらしかったから。
この感動を、この感謝を、劇団四季の役者さんおよびスタッフ全員に伝えたかったから。
夢中になって拍手をしていると、5回目のカーテンコールの時に背中をトントンとつつかれたのです。
振り返ると、男性が「見えないから座って」と言うのです。
一瞬訳が分からず、とりあえず座ってはみたものの、なんだかモヤモヤ・・・。
そして6回目のカーテンコールで、会場内のほとんどみんなが立ち上がると、やっぱり私も我慢できずに立ちました。
その時、後ろを気にして振り返ると、その男性はそそくさと出口に向かって帰っていく姿を確認。
ああ、これで後ろを気にせずに惜しみない拍手ができるわぁ・・・と、ホッとしました。
その後、カーテンコールは10回以上続きました。
【スタンディングオベーションのあり方】
すばらしい舞台で感動したら、素直にそれを伝えたいので、スタンディングオベーションは、私の中ではアリです。
ただ、いきなり1回目のカーテンコールで立ち上がるのは、後ろの席の方のことも考えると、それはナシだと思っています。
もちろん、なんでもかんでも立ち上がることはしませんし、これまでの劇団四季の舞台でも、スタンディングオベーションはしたりしなかったり。
あとは、会場全体の雰囲気でみんなが立ち始めたら、自分も立つとか。
逆に、みんなが立っても自分では立つほどでもないと思ったときには、立ちませんし。
その時は、視界がふさがってもまぁ、しかたないな・・・とは思っています。
だけど、今回初めて後ろの席の方から注意を受けて、スタンディングオベーションのマナーってあるのかな・・・と、考えるきっかけになりました。
アラジンの時は、なんだか注意されたことでモヤモヤしてしまい、
(みんなが立ってんだから、オッサンも立てばいいじゃん)と、ムッとしたのですが、「見えないならアンタも立てば?」という考えは、あまりにも自己中なのかな・・・とも思ったり。
自分が立つ前に、後ろの方に
「立ちますが、いいですか?」と断るべきなのか?
しかし、立ちあがるときは、自然に立ちたいと思ったときであり、いちいち断りを入れていると、なんだかそんな自分に興ざめしちゃうような・・・。
うーん。
アラジンがすばらしい舞台であり、自分も素直に感動したし、それをスタンディングオベーションで伝えたかったのですが、なんだか最後にちょっとだけケチがついたような・・・。
ああー・・・。
なんかモヤモヤ、ウダウダ考えてしまう。
とはいえ、そんなモヤモヤも、四季劇場で買ったアラジンのCDを、自宅に戻って聞いたら、あの感動が再びよみがえってきて、
もうアラジンさいこー!
まっ、いっかー!と掻き消してしまった私。
またアラジン観にいくぞー!ぜったい!
だけど、今度は立ち上がる時、周りを気にしすぎてちょっとだけ挙動不審になってるかも・・・。
劇団四季が大好き!なので4回目のアラジンを観た感想をややシビアに書こうと思う
劇団四季アラジンを2階席センター最前列で観た感想

タイトルとURLをコピーしました