遺族基礎年金改正で夫に朗報?我が家の受給額と生命保険の考え方

スポンサーリンク

平成26年4月、遺族基礎年金が改正されました。
夫が死亡した場合、妻は遺族基礎年金を受給できるのに、妻が死亡した場合、夫は受給できない。
DSC00131.jpg
これではあまりにも不公平だということで、改正により遺族基礎年金は夫も受給できるようになりました。
ならば、我が家の場合のシュミレーションをしてみます。
保険の見直しをするよい機会でもあります。


【遺族年金とは】
日本年金機構のHPには、年金制度についての詳細が記されていますが、公的文章ってすごくわかりにくいですよね(←単に私の読解力がないだけです)。
以下、自分なりに頭の中に入れられる程度のサラッとした解釈です。
自分の備忘録ですので、詳細は日本年金機構のHPへどうぞ。
国民年金保険料は自分の老後のために支払っていますが、自分が亡くなった場合に配偶者や子どもの生活を保障してくれるための遺族年金でもあるのです。
遺族年金には、遺族基礎年金と遺族厚生年金があります。
我が家のようなサラリーマン世帯では、遺族基礎年金と遺族厚生年金が受け取れるというわけです。
【遺族基礎年金改正】
平成26年4月、遺族基礎年金が改正されました。
以前は、受給対象者は「子のある妻」または「子」だったのですよね。
つまり、夫が死んだら私は受給できるけれど、私が死んだら夫は受給できなかったのです。
男は外で働いて、女は家庭を守るもの・・・という時代に作られた制度な故ですが、今は共働き世帯が増え、夫婦2人で家計を支えるという場合が多くなりましたので、これではあまりにも夫がかわいそうすぎです。
遺族基礎年金改正により、「子のある妻」が「子のある配偶者」と改められました。
夫でも妻でも対象となったのです。
現在我が家は、夫と私の収入で大学生2人と高校生1人の3人の子どもを必死に養っております。
私か夫のどちらかが死んでも、遺族基礎年金で受給できる金額は、780,100円+子の加算。(2015年現在)
2年前までは、私が死んでも夫は遺族基礎年金は受け取れなかったわけですから、改正によりほんの少しの安心材料にはなります。
ただし、「子」の条件として「18歳に達したのち、最初到来するに3月31日までの間にある子」ですから、我が家の場合は、現在高校1年生である娘が、高校を卒業するまでなんですよね。
また、「子の加算額」は、第3子以降は74,800円。
よって、我が家の場合、今、私または夫が死んだら
780,100円+74,800円=854,900円
の遺族基礎年金が受給できるというわけです。
1か月あたり7万円ちょっと・・・。
やっぱり元気に働けるのが一番なのですよねぇ。
【遺族厚生年金】
遺族基礎年金にプラスして、会社員の場合は遺族厚生年金も受給できます。
対象者は
・妻
・子(18歳到達年度の年度末を経過していない者)
・55歳以上の夫、父母、祖父母(支給開始は60歳から。ただし、夫は遺族基礎年金を受給中の場合に限り、遺族厚生年金も合わせて受給できる。)
とのことなので・・・
今、私か夫が死んでも(←何度もしつこくてごめんなさい)、娘が高校卒業するまではとりあえず遺族厚生年金も受給できるってことですよね。
娘が高校を卒業したら、私は夫の遺族厚生年金を受け取れるけど、夫はまだ55歳に達していないから、受給できないってこと?
うーん。
受給対象が、ややこしくてよくわからないなぁ。
ちなみに受給額は、それぞれの収入によりちがってきますが、
標準報酬月額が30万円の場合、妻と子1人の場合は、遺族基礎年金と遺族厚生年金で月額約11万円、標準報酬月額が40万円でも月額12万円程度の遺族年金です。
やっぱり、死んではいかん!と改めて思った次第です。
【民間保険の考え方】
就職した当時、民間の保険のおばさまたちがこぞってやってきて、やたらあおられて、夫は20代のころ死亡保障4,000万円の保険に加入していました。
私も当初は、それくらい必要なのかなー?なんて、よく調べもせずにそのままにしていたわけですが、遺族年金というのがあると知ったのは、それからずいぶん経ってから。
民間の保険は、あくまでも公的年金でカバーできない部分を補うものという考えが、当時の私たちには皆無でありました。
3人の子どもたちの教育費は、学資保険や養老保険でほぼまかなえるという予測ができた時点で、夫の生命保険は解約しました。
というより、ちょうど夫が転職したことが大きなきっかけであったわけですが。
今は、夫も私も県民共済の掛け捨て保険に加入しています。
月々2,000円の保険料。これで十分です。
あとは、夫が加入していた民間の生命保険の一部を払込み済にしてそのまま残し、これを葬式代にする予定です。
私は、10年とか11年満期の養老保険にいくつか加入していますが、満期時に必要がなければそのまま再度養老保険に加入をするというのを繰り返しています。
私が死んだら、これで葬式代にしてほしい。
長生きできたら、子どもに遺す財産になりますし、急な出費が今後あるかもしれませんしねぇ・・・。
来年、長男が就職する前に、公的年金のことをきちんと伝え、子どもが必要以上にあおられて不安になることのないようにしたいと思っています。

我が家の1週間節約晩ごはん

タイトルとURLをコピーしました