レンジで簡単 ゆで卵を作る手間要らずで朝でも作れるタルタルソース

スポンサーリンク

タルタルソースって、作るのめんどう・・・なんて思っていましたが、今ではお手軽に作っています。
DSC09754.jpg
いちいちゆで卵を作らなくても、レンジで簡単に作れるので、朝の忙しい時間でも作って卵サンドなんていうのもできちゃったりします。
電子レンジバンザイです。


【レンジでタルタルソース】
昔はね、わざわざ卵をゆでて、ゆで卵を作って、それらを細かく刻んで、タルタルソースを作るっていうのが、当たり前だと思っていました。
しかし、レンジで簡単に作れるということを知ってからは、もうレンジに頼りっぱなし。
ゆで卵を作らずに、タルタルソースが作れるのですから、こんな時短で簡単なものを利用しない手はありません。
DSC09749.jpg
耐熱容器に卵を割って
DSC09750 (1)
軽く、箸で卵を溶いて
DSC09751 (1)
レンジでチン♪
このくらい固まっていれば十分です。
うちのレンジは500Wなのですが、1分くらいチンしてみて、まだ卵がしっかり固まっていなければ、様子をみながら加熱します。
DSC09752 (1)
あとは、泡だて器でつぶすようにかきまぜて、みじん切りのゆで卵が完成。
ここだけ見れば、ゆで卵と大差ありませんよね?
ね?
あとは、マヨネーズやみじん切りの玉ねぎなど、いつも通りの味付けにして、タルタルソースの完成です。
DSC09754.jpg
手抜きのタルタルソースだとは、誰も思いますまいっ。
1.ゆで卵をつくる
2.ゆで卵の殻をむく
3.まな板の上でゆで卵をみじん切りにする
以上の行程がすべてカットできるのですから、もうわざわざゆで卵を作る気力は、とうの昔に捨てました。
味も、レンジでチンしたものと変わりないです。
というか、そこまでちがいのわかる家族がいない・・・というのが正解です。
⇒美しいゆで卵 ストレスなくきれいに殻をむく方法
【電子レンジ】
日本では、1959年に東芝が電子レンジを開発したというのだから、私が生れる前からあったものなのですね。
家で電子レンジを使うようになったのは、たしか私が高校生の頃からでしたが、今では電子レンジのない生活は考えられなくなりました。
オーブン機能や解凍機能など、多機能を兼ね備えたオーブンレンジは、結婚当初は10万円以上しましたが、今では1万円以下で購入可能な商品も出回るようになりました。
掃除機は、ほうきや拭き掃除で代用できるし、炊飯器だって鍋でご飯を炊くことも可能だけれど、電子レンジだけは代用できるものがないのですよね。
子どものころ、母が冷たくなったご飯を、おかゆにリメイクしていたのを思い出しました。
あと30年生きれば、どんなすごい家電製品にお目にかかれるのか、楽しみになってきました。
まだまだ長生きするために、レンジで手抜き簡単料理を作って、食事はバランスよく摂りたいものです。

タイトルとURLをコピーしました