脇汗に防水スプレー?汗脇パッド?エティアキシルを使えばいいのに・・・と思った話

スポンサーリンク

脇汗に防水スプレーを洋服に噴霧すると汗シミにならないと、テレビで紹介されていました。
消臭&汗取り、しかも涼感機能もある優れたインナーも紹介されていました。
DSC09872.jpg
脇汗に悩む人って、案外多いのだなぁ・・・と思いました。
同時に、エティアキシルを使えば悩みも一発解消できるのにな・・・とも思いました。


【汗シミ対策防水スプレー】
洋服の脇の部分に、防水スプレーを噴霧する。
前身ごろの部分のほうに多めにかける。
こうすることで、防水スプレーをかけた部分は水分をはじいて、脇汗による汗シミにならないのだそうです。
ただし、目の粗い衣類ではあまり効果が得られないとも。
たしかに脇の部分は汗シミにはならないかもしれませんが、脇汗は出ているのだから、汗のべたつきは気になります。
【消臭・涼感・汗取りインナー】
いろいろなメーカーが、脇汗対策インナーを販売しています。
インナーの脇の部分に消臭効果をほどこし、さらには急速に汗を吸い取って急速に乾く、よって脇はいつでもサラサラ・・・というスグレモノ。
そうか。
汗取りインナーを着用して、さらに上着には防水スプレー。
これで完璧な脇汗対策になります。
しかし、真夏の暑い日には、重ね着すらもしたくないのが本音です。
【エティアキシルの効果】
昨年から、エティアキシルを使っています。
以前は、まったく脇汗なんて出なかった私ですが、更年期のせいなのかやたら脇汗が気になるようになりました。
それは、夏でも冬でも関係ないのだから、困りもの。
いろいろな制汗剤を試してみましたが、どれも気休め程度。
そんなとき、ネットで口コミのよかったエティアキシルを、ダメ元で買ってみたのです。
これがもう私にはぴったりの制汗グッズでした。
いや、制汗ではなく無汗。
それくらい脇汗が出なくなりました。
8月の真夏の東京を3日間歩いていたときも、脇だけはサラサラでした。(額には汗をかきましたが)
【エティアキシル副作用】
エティアキシルは、汗腺自体に働きかけ汗腺を小さく(細く?)することにより、汗が出ないようになるというもの。
脇から出ない汗は、尿となって身体の外に出されると言いますが、この辺は私自身もよくわかりません。
特別、トイレが近くなったという感覚はありませんので。
・・・って、もしそうなったら、どんだけ汗かいてるねん!って思いますが・・・。
初めて使う時は、エティアキシルを塗った直後はかゆみが出る場合もあり。
私も、最初は少しかゆみを感じましたが、我慢できないほどではなく、数日でかゆみはなくなりました。
ただ、エティアキシルを使った友人は、かゆみに我慢できずに使用をやめてしまいました。
この辺は、やはり体質なども関係あるのかな?
お風呂上り、濡れた状態でエティアキシルを使うとかゆみが強くなるようなので、十分に乾いた皮膚に塗ることをお勧めします。
【1本15ml】
エティアキシルは、ロールオンタイプ。
DSC09873.jpg
1本15mlしか入っていないので、量はとても少ないのですが、私はこれで1年はもちます。
なぜならば、使っているうちに汗が本当に出なくなり、使用間隔がどんどん開いていくからです。
今は、使うのを忘れてしまうほど。
何かのイベントがある時、前日に使うようにしています。
ちなみに東京へ行った時も、前日に塗っただけで3日間脇汗はまったく出ませんでした。
制汗剤を持ち歩かなくていいというのも、うれしいです。
⇒すごすぎる!脇汗がピタリと止まった制汗剤はもう手放せません
【汗が出ないならばすべて解決】
そもそも、汗シミや汗のにおいなどという悩みも、汗自体が出なければまったく問題ないのです。
汗が出なければ、洋服に汗シミがつくこともなく、汗が出なければにおいがすることもないのですから。
防水スプレーを洋服にかけたり、消臭スプレーや制汗剤などを頻回に使うよりも、エティアキシルひとつあれば、すべて悩みは解決するのになぁ・・・と、テレビを観ながら思いました。
秋田はだいぶ涼しくなりましたが、私の汗は夏冬関係ないので(これを更年期と言う)、脇汗対策はずーっと必要です。
実は、エティアキシルと同じ成分でしかも量が多いパースピレックスという製品が気になっているのですが、エティアキシルがなかなか減らないので、まだ購入に至っておりません。
次は、パースピレックスを使ってみた感想を書きたいのですが、まだもう少し先になりそうです。

タイトルとURLをコピーしました