日用品費が1,000円台になった今月の明らかな理由とは

スポンサーリンク

今年になってからの我が家の日用品費は、1か月3,000円台。
今月は、とうとう1,000円台となりました。
DSC09813.jpg
そんな我が家の日用品費の移り変わりと、今月の日用品費が少なかった理由について。


【日用品とは】
我が家の日用品として分類しているものは、家族みんなが使う生活用消耗品のこと。
シャンプー、リンス、ボディソープ、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、歯磨き粉、歯ブラシ、洗濯洗剤、柔軟剤、食器洗い洗剤、漂白剤、スポンジ、ラップ、アルミホイルなどなど。
例えば、私が使う化粧品は自分のおこづかいの中から出しますし、娘が使う洗顔石鹸やローションは、子ども費から出します。
夫が使う育毛剤らしきもの(←自分で買ってきているので私はノータッチです)は、夫が自分のおこづかいの中から買ってきています。
つまり、個人的に使うものは日用品の中には含めていません。
【我が家の日用品費の変遷】
そんな我が家の日用品費。
数年前までは、月に1万円を超えることが多々ありました。
以前は、日用品の分類も適当だったので、余計なものが混じってたり混じってなかったりと曖昧だったのですが、節約を意識するようになってから、日用品にどれくらいかかっているのか家計簿をきっちりつけてみたところ、1万円を超えるということが判明し、驚いたものです(←他人事のよう)。
日用品費2015-8
2012年度は、長男が大学生になった年です。
1週間に2~3回は、ドラッグストアやスーパーに足を運び、その都度目についた広告の品や、新商品などをなんとなく買っていたのです。
結果、1万円は簡単に超えていました。
これじゃ、ダメじゃん!と奮起したのが、2012年の冬になってから。
遅すぎです。
長男が大学生になってお金がかかるということがなんとなくわかっていたとはいえ、ピンときていない私は大ばか者でした。
それから、自分なりにいろいろやってみて、現在に至っています。
⇒日用品費半減!私のたった3つの方法
【日用品費が1,000円台になった理由】
さて、今月の日用品費は1,236円。
この春、次男が大学生になり家を出たので、前年度よりも若干減ってはきているのですが、今月に限って1,000円台になった理由は、実は明らかなのです。
それは、10日にイオンネットスーパーで日用品と調味料類などの注文をし忘れたから(爆)。
重くてかさばる日用品や調味料類は、月に1度イオンネットスーパーでまとめ買いをしています。
在庫をチェックしながら、必要なものだけを注文できるので、余計なものに目移りせずに、無駄な買い物が防げます。
さらに、イオンネットスーパーは、「20日30日5%OFF」という店舗でやっているお客様感謝デーは対象外。
なので、最もお得に買い物をするには、10日のポイント5倍デーを利用することなのですが、イオンネットスーパーの場合は、ネットで注文した日ではなく、配送日が10日になるようにしなければ、ポイント5倍にはならないのですよ。
しかも、9日の前日に注文したのでは、すでに翌日の配送枠がいっぱいで10日に配送されないことがほとんどなのです。(私の住んでいる地域の場合ですが)
よって、8日にネットで注文し、10日の配送指定にするのです。
この辺が、ややこしくてめんどうだなーと思うのですよね。
そして、今回はまんまと8日に注文するのを忘れていました。
【2か月に1度のまとめ買い】
注文し忘れた理由は、おそらく日用品や調味料類の在庫がほとんど残っていて、注文しなくても良い状態だったからだと思うのです。
次男が家を出て我が家は3人家族になったわけですが、昨年度までと同じように月1回のペースで注文していたのでは、在庫にダブつきが生じてきていたのですよね。
だから、注文し忘れていてもさほど困ることもなく、結果、足りなくなったものを数点、お店で買い足したというわけで、今月の日用品費が極端に少なくなったのです。
今後は、月に1度のネットでまとめ買いをするのも、2か月に1度でいいかもなぁ・・・と、思っています。
ただし、在庫は常に一つ分余分に置いておきたいという気持ちもあります。
それは、東日本大震災を経験したからでもあるのですが、必要以上にストックするのは、置き場所の無駄にもなるので、我が家の場合は一つ分の在庫で十分だと思っています。
2か月に1度のネットでまとめ買いも、これらを頭に置きながら、注文したいと思っています。
【日用品費を減らすには】
そんなわけで、この4年間で私が実感した日用品費を減らす方法について。
1.ネットでまとめ買い
1か月に1度、2か月に1度・・・、自分の家族状況に合わせてまとめ買いをすること。
お店に行ってその都度買うと目移りして余計なものを買ってしまうという優柔不断な人(←私)には向いていると思います。
重いものを玄関前まで持ってきてくれますし、ネット宅配は本当に助かります。
ポイント○倍デーなどを上手に利用することも忘れずに。
2.プライベートブランドの利用
日用品などは、ほぼイオンのプライベートブランド(PB)であるトップバリュ商品を使っています。
使ってみて、なんだか合わないな・・・と思ったら、トップバリュ商品にこだわらず、他の商品も買いますが、これまで特に大きな差があるとは感じていません。
お値段も2割程度安いので、PB商品の利用は、必死に節約をしなくては!と考えずとも、自然の流れでコストは削減できます。
DSC09814.jpg
トップバリュのボディソープは、香りも良くて泡立ちも良くてお気に入りです。
さて、8月はネットで注文し忘れましたが、次回は8日にネットで注文しようと思います。
2か月に1度のネットでの注文サイクルが固定化されるように、今年はやっていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました