キッチンの片づけ 節約とシンプルな暮らしはつながっているんだなぁ

スポンサーリンク

キッチンの片づけをしました。
理想は、生活感のないキッチンなのですが、生活してれば便利さを求めていろんなモノが出しっぱなしになるという現実。
DSC09579.jpg
しかし、キッチンの上に何もおかないようにすると、節約につながるんだなぁ・・・と、あらためてわかりました。


【キッチンの片づけ】
だいたい半年くらいの周期で、がむしゃらに片づけをしたくなります。
それは、半年かけてじわじわとキッチンの上に、いろんなものが侵略してくるからなのです。
胡椒やナツメグなどの調味料の小瓶。
ごま油やサラダ油も、キッチンの上に置いておくと、すぐに使えるので便利。
しかし、いろんなモノがシンク台の上に増えてくると、それだけ掃除をするのもめんどうになってきます。
そして、いったん置いたモノに連鎖して、どんどん他のモノも増殖してくるという悪循環。
結局、料理をするのにいろんなモノが手元にある便利さを選ぶか、掃除をするのに何もない片付いた空間をとるか・・・なんですよね。
ただ、シンクの上に何もない広々とした空間は、料理をするのにも気分がいいし、衛生的。
仕事をしている私は、キッチンに立つのは朝のわずかな時間と、夕方のみ。
料理研究家でもないので、キッチンの上にあらゆる調味料は必要ありません。
調味料類は、出しておくと油とホコリですぐに汚れてしまいますし・・・。
というわけで、便利さゆえにキッチンの上に出していた調味料類は、すべて冷蔵庫か棚の中に入れました。
DSC09580.jpg
料理をするたびに、必要なモノを出して使い、終わったらまたしまうだけ。
それだけのことなのですが・・・、半年後はまたどうなっていることやら・・・。
DSC09581.jpg
砂糖と塩だけは出しておきます。
このタナの上には、胡椒、あじ塩、カレー粉、ナツメグなどなどの小瓶を置いていたのですが、すべて撤去。
代わりに畑に生えていたグリーンを飾ってみました。
なんの葉っぱかは・・・わかりませんが、グリーンがあるだけで、なんとなくおしゃれな空間になったような錯覚に陥ります。
DSC09582.jpg
なにもないと、掃除がしやすい~。
この状態を維持していきたいと思います。
【節約とシンプルな暮らし】
キッチンを片付けると、余計なモノを置かなくなります。
余計なモノを置かなくなると、必要のないモノは買わなくなります。
必要のないモノを買わないと、生活空間がシンプルになります。
生活空間がシンプルになると、無駄遣いはしなくなります。
無駄遣いをしない・・・すなわち、節約なんですよね。
どこをどうやって節約していいかわからない・・・というならば、まずは生活空間の片づけを始めてみるのも、ひとつの方法かもしれません。
長男が大学生になったことで、目覚めた節約生活ですが、間もなく部屋の片づけに着手し、断捨離に移行していきました。
節約と断捨離、そしてシンプルな暮らしはつながっているんだなぁ・・・・とあらためて思いました。
片付いたキッチンをみて、娘が言いました。
「お母さん、もこずキッチンができそうじゃん」
あはははは、無理、むり~。
もこ様のように、聞いたことのないバジルやグレードの高いオリーブオイル、買わないもん・・・・。
あ・・・、でも、塩を高い位置から振るくらいなら、マネできそうかも・・・。

タイトルとURLをコピーしました