ANA旅行積立は得なのか?3%の得か補償をとるか自宅で楽をとるか

スポンサーリンク

来年の話をすると鬼が笑うと言いますが、とりあえず来年は2回、飛行機で東京へ行く計画を立てています。
2ffc2c351341e6a59ee37dc75e18437d_s.jpg
私がよく利用する航空会社はANAですが、ANA旅行積立というものがあります。
ANAに毎月積立をすると1年後には利息がついた旅行券として還元されるというもの。
ANAに乗るということがわかっているのなら、積立しておいたほうが得するんじゃないの?
と、思ったので、ちょっと調べてみました。


【ANA旅行積立】
JALでも旅行積立がありますが、私がよく使うANAに限って旅行積立を調べてみました。
“ANA旅行積立プランは、満期に『お預入額+最大3%のサービス額』分の
「ANA旅行券」をお受け取りになれる、少し先にご計画のご旅行におトクなプランです”

ということですが、まずは「最大3%分」がどれほどお得なのかについて。
仮に1年後にANAで東京へ行く場合を仮定して、シュミレーションしてみました。
【支払額と得する金額】
秋田↔東京往復運賃を3万円として、2人分6万円を1年間積み立てることにします。
この場合、1年分を一括払いにすると、支払総額は58,253円。
3%分1,747円のお得となります。
1年分を毎月積み立てるとなると、毎月の積立額は4,921円で、支払総額59,052円。
948円のお得になります。
もちろん一括払いの好きな私なので、旅行積立は一括で1,747円の得。
うーん。これってどうなんでしょう。
6万円に対して1,747円。
1人873円。
羽田空港で空弁が買えるくらいの金額ですね・・・。
銀行にお金を預けておくことを考えたら、1年間の定期預金でも金利0.3%程度の時代ですから、3%となれば10倍は得することになります。
しかし、新幹線のお先に得だ値は、最大35%割引っていうのもあるのですから、飛行機の運賃はさほどお得感がないように感じてしまいます。
【クレカ払いの航空券】
いつもはネットで航空券を予約し、クレジットカード払いにしています。
楽天カード払いであれば、1%分のポイントがつくので、6万円に対して600円分。
不定期に行われるキャンペーンを上手に利用すれば、ANA楽パックではポイントが1,000P以上もらえることもあります。
しかし、イオンカードがゴールドに昇格したのを機に、航空券クレカ払いはイオンゴールドカードでしようと思っています。
なぜなら、飛行機搭乗中の事故や怪我の保障が受けられるからです。
⇒旅行はイオンゴールドカード決済にしよう 旅行傷害保険が無料だし空港ラウンジも利用できるし
ちなみにイオンカードのポイント還元は、0.5%分。
6万円の利用で300円分。
旅行積立で3%分の金額を得するか、万が一の時のための補償を優先するかってことですねぇ。
【ANA旅行積立申込と支払方法】
申込は、インターネットでできます。
そして一括払いするには、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行のいずれかに振込みします。
カード払いもできますが、JCB、VISA、マスター、アメリカン・エキスプレス、ダイナースの各ANAカードのみ。
・・・・。
持ってません。
なので、指定口座に振り込みという選択肢しかありません。
【旅行券の使い方】
ANA旅行積立が満期になると、ANA旅行券が郵送されてきますが、ネットでチケットを予約して旅行券で支払う場合は、どうやったらいいの?という疑問。
なんだかねー、これはできないっぽいのですよね。
”※インターネットのみで購入可能な運賃にはANA旅行券でお支払いいただけません。”
って記載されているのですよ。
結局、旅行券を使うには、ANA国内線各空港発券カウンター、ANA旅行積立プラン専用デスク、ANA旅行券ご利用可能店舗へ出向かなければいけないってことですよね?
出向くのが嫌だから、ネットで予約してeチケットを取得して、飛行機に乗るその日までいっさい出向かなくてもいいのが魅力なのに、結局カウンターに行かなければならんのかい!っていう結論。
うーーん。
うーーん。
3%の空弁代をとるか、万が一のための補償をとるか、自宅で楽々予約&支払をとるか・・・ってことですね。
私はめんどうなので、ネットで予約、イオンゴールドカードで支払って万が一に備え、旅行の日に直接空港へ出向く・・・っていうパターンかな。
他に、お得に旅行するいい方法があったら教えてください。

タイトルとURLをコピーしました