塩洗髪1か月 悩みの髪のパサつきが改善されたことと塩洗髪の不満

スポンサーリンク

とりあえず興味を持ったことは、なんでもやってみるというスタンスであります。
で、塩洗髪。
DSC09318.jpg
1か月間塩シャンプーをしてみて、いろいろ気づいたことがありました。


【塩で髪を洗う】
ありえない!最初はそう思いました。
海水浴をしたあとのイメージしかなかったので、塩で髪を洗ったらベタベタゴワゴワじゃないの?
そう思っていました。
しかし、塩洗髪のことを調べれば調べるほど、なるほどな・・・と納得することも多く、これはもう自分でやってみるしかないという結論に至ったわけです。
塩なんて家庭に必ずありますもんね。
何かを準備する必要もなく、すぐに始められるというところもマルです。
⇒夏は女性も頭皮がクサくなる!気になる臭いは塩洗髪で改善しよう
【髪の悩み】
塩洗髪は、抜け毛、白髪、フケ、においの悩みを一掃できるそうですが、まぁまぁ全部を信じているわけではありません。
私の髪の一番の悩みは、パサつくこと。
もともと髪の毛は丈夫なほうで、若いころは髪の量が多くて、それが悩みだったりしました。
年齢とともに、髪の毛の量も落ち着いてきて(抜け毛がふえた?)、むしろ今くらいの髪の量が調度いい感じ。
白髪染めはまだ必要ないし、頭皮のにおいも気になったことはないのですが、歳とともにパサつきが気になるようになってきました。
シャンプーをしたら欠かせないのが、トリートメント。
髪の毛の乾燥がひどくパサつくので、さらにドライヤーで乾かしたあとはワックスやオイル系の整髪料を使わないと、髪が広がってしょうがない。
昨年から、洗顔後のスキンケアはホホバオイルのみになったので、このホホバオイルを髪にも使っていました。
⇒肌断食 オールインワンよりもこれ1本のホホバオイル
【塩洗髪の経過】
塩洗髪のやり方
1.粗塩大さじ1杯を洗面器1杯のお湯に入れてとかす
2.髪と頭皮をよくブラッシングし、汚れを落とす
3.頭皮をマッサージしながら温水シャワーで埃や皮脂を洗い流す
4.塩入洗髪水を頭皮にまんべんなくかけて頭皮をマッサージする
5.最後に温水シャワーで塩分をしっかり洗い流す
私が1か月やった方法です。
最初の1週間は、塩で洗うということにやや抵抗があったので、塩洗髪をしたあとリンスをしていました。
髪がパサつくのではないかという不安から・・・。
髪の毛は、とてもいい感じの仕上がり。
パサつきもないし、まとまりもいいし、臭くもなくフケも出ない。
これは塩洗髪アリだな・・・と思いました。
しかし、塩洗髪プラスリンスをして1週間目、髪のべたつきが気になってきてがまんできず、ふつうのシャンプーを使いました。
1週間ぶりに使うシャンプーは、まったく泡立たなかったです(笑)。
やっぱり塩で髪を洗うというのはダメなのかも・・・と思ったりもしたのですが、ふつうのシャンプーをしたあと髪の毛を乾かすと、めちゃくちゃパサつくではありませんか。
シャンプーは頭皮の皮脂を必要以上に取り除いてしまう。
頭皮は本来、自分の力で正常な皮脂分泌を保とうとしているのに、シャンプーで必要以上の皮脂を洗い流すことで、正常なバランスが保てなくなっているのでは・・・?
それに、塩洗髪だけでいいのに、私がリンスなんかやっているから、逆にベタついてきたのかも・・・。
そんな風に思いました。
塩洗髪を始めて最初のうちは、髪のべたつきが気になる方も多いそうですが、それも続けていくうちに解消され、髪はサラサラになると聞きます。
私の場合は余計なリンスまで使っていたのですから、今度はリンスもやめて完全に塩洗髪だけにしようと思いました。
その後、週に1度はふつうのシャンプーで、残り6日は塩洗髪のみで今に至ってます。
【塩洗髪1か月の効果】
一番変化があったのは、髪の毛がパサつかない!ということ。
週に1度のシャンプーで、他は塩洗髪のみなのですが、髪の毛は驚くほどしっとりとまとまりやすくなりました。
DSC09333.jpg
以前は、ホホバオイルで髪のパサつきを抑えていたのですが、今はまったく使っていません。
本当に塩洗髪をして乾かすのみ。
なのにパサつかない。
私の一番の悩みを解決してくれました。
もちろん臭くもないし、フケもない。
私の友人も塩洗髪をしていますが、彼女の悩みは髪の毛が細くてコシがないこと。
しかし塩洗髪をするようになってから、髪が根本からふんわりと立つようになったと言っていました。
過剰に頭皮の皮脂をとらないことで、本来持っているもっともいい状態のバランスを保つようになるのかな・・・?
今はまだ週に1度はふつうのシャンプーをしていますが、いつか本当に塩洗髪だけになればいいなぁと思っています。
【塩洗髪の不満】
しかし、塩だけで頭を洗うと少しだけ不満もあります。
それは「無臭」なこと。
それまで使ってきた「いい香りのするシャンプー」に慣れてしまったからなんでしょうね。
考えてみると、ふつうのシャンプーを使っていたころは、その泡立ちと香りにごまかされて、髪の毛をしっかりと洗うということをしていなかったと思います。
泡でなんとなく髪の毛を覆い、チャチャッと洗った気になっていたかもなぁ。
塩洗髪をするようになってからは、まずはブラッシングで髪の毛の汚れをしっかり落とし、頭皮をすみずみまでマッサージするようになりました。
もしかしたら、塩洗髪のおかげだけではなく、私が頭皮をしっかりきっちりケアするようになったから、髪の状態もよくなったのかも・・・。
そんな風にも思ってしまいますが、いずれにせよ塩洗髪は、私に本当の頭皮ケアを気づかせてくれるきっかけになったと思います。
で、最近、塩洗髪の無臭に少しばかり香りをプラスしています。
DSC09316.jpg
塩洗髪のあと、洗面器のお湯にアロマオイルを数滴垂らして、最後にそれで髪の毛を流しています。
自分の好みの香りなので、心地よいです。
【気になるコスト】
塩洗髪は、別に節約のために始めたわけではないのですが、一応節約ブログなのでコストを計算してみました。
粗塩1kg 400円とすると
1回の塩洗髪に大匙1杯で16g=6.4円(1回あたりの塩洗髪のコスト)
6.4円×1か月≒192円
必要なのは粗塩だけで、他にリンスやトリートメントや整髪剤はいっさい必要ありません。
あ・・・、アロマオイルは新たに加わった洗髪アイテムですが。(私の場合)

今まで、髪がパサつくからといっては、いろいろなシャンプーやリンスやトリートメントを試し、さらには整髪剤までつけ・・・それでも納得できずに、きっと高価なシャンプーを使えば改善されるのでは?と思い、いろいろ買ったこともありました。
シャンプーで頭皮に必要な皮脂まで洗い流し、それを補うためにトリートメントをする。
私って、シャンプーに踊らされていたのですね・・・。
そんなことに気づくきっかけを与えてくれた塩洗髪に感謝です。
さて、そろそろシャンプーがなくなりそうなので、粗塩を買ってこなくては・・・。

頭皮
スポンサーリンク
soratohanaをフォローする
スポンサーリンク
がんばらない節約とシンプルな暮らし
タイトルとURLをコピーしました