得する自動車税納税方法 簡単便利なモバイルレジで払ってみた

スポンサーリンク

自動車納税通知書と一緒に入ってきた案内には、納付方法が記されていました。
そして目にとまった「モバイルレジ」という表記。
DSC08838.jpg
「コンビニや銀行に出かけることなく、自宅で簡単にケータイでお支払い」
自動車税が自宅で払える?
しかも手数料無料?


【自動車税納付】
モバイルレジとは、請求書に印刷されたバーコードを携帯スマホで読み取り、ネットバンキングを利用して支払いができるサービスのこと。
コンビニや銀行窓口へでかけることなく、自宅で簡単に支払いができるのです。
秋田県では、平成26年度から、モバイルレジによる自動車税の納付ができるようになりました。
公共料金は、地域によってモバイルレジが使えるものと、そうでないものがあります。
⇒モバイルレジ 支払可能な請求書
先日、私の車の自動車税を払ったのですが、秋田県の場合はクレカ払いに対応しておらず、銀行の窓口で支払いをすませてきました。
クレカ払いにすれば、クレカのポイントがつくのでお得なんですけどね。
なんだよー、秋田県。オクレテルじゃん・・・。
なーんてボヤキながら・・・。
ところが、今度は夫の自動車税を払おうとしたところ、秋田県はモバイルレジが使えるということを発見!
やるじゃん!秋田県!
・・・と、手のひらを反して、さっそくモバイルレジで納税を済ませました。
とっても簡単。
数分で終了。
家から一歩も出ることなく、自動車税を払うことができました。
【モバイルレジ使い方】
1.スマホに専用アプリ「モバイルレジ」をダウンロード
2.モバイルレジアプリで自動車税納付書に書かれているバーコードをカメラで撮影して読み取る
3.支払内容(支払先・支払内容・金額)が表示されるので確認する
DSC08842.jpg
4.利用する金融機関を選ぶ
5.金融機関サイトへ移動してネットバンキングで支払う
以上5分もかからずに終了しました。
モバイルレジは、スマホやガラケーでも利用できますが、利用する金融機関とはネットバンキング契約をしていないと、支払うことができません。
私が口座開設しているネットバンクは、楽天銀行とイオン銀行なのですが、楽天銀行がモバイルレジに対応しておりました。
⇒モバイルレジ利用可能な金融機関
【モバイルレジのメリット・デメリット】
なんといっても、どこにも出かけることなく自宅で支払いが済んでしまうところ。
わざわざガソリン代をかけることもなく、外出する時間を無駄にすることなく、これぞエコな支払い方!
手数料はいっさいかからないのがありがたいです。
自動車税をクレカ払いにすると、決済手数料がかかるので、クレカ払いのポイントと差し引くと、地域によっては損してしまう場合もあるのですが、モバイルレジなら手数料無料。
しかも、楽天銀行で払うと、楽天スーパーポイントももらえるというお得さ。
銀行やコンビニ窓口で支払っても、なんにもポイントはもらえませんもんね。
ただし、nanacoカードを持っている方は、セブンイレブンで自動車税を払うと、得するようです。
⇒自動車税をお得に払いたいけれど できないという現状
ちょっと前まで、自動車税をクレカ払いにしたら、どれほど得するか損するか、あーだこーだと考えていたのですが、モバイルレジで一挙に解決してしまいました。 
モバイルレジの唯一のデメリットは、納税証明書が後日郵送で届くということ。
車検が近い方にはオススメできないですよね。
夫の車の車検は先月済んだばかりだし、迷うことなくモバイルレジで自動車税を支払いました。
老後、足腰弱っても、これで楽々納税ができます。
いや、足腰弱る前に、頭がボケてパソコンの扱いができなくなるほうが、先かもなぁ・・・。

タイトルとURLをコピーしました