10年以上の長期運用目指して投資信託積立で自分年金を始めます 

スポンサーリンク

投資と聞いて、何をイメージしますか?
私は「ハイリスク・ハイリターン」という言葉が真っ先に浮かびます。
そして、投資のことをまったく知らないのに、そんなリスクの高いものに手を出すことなんてできないわ!とも思います。
43504fc907a8171fb66039f02a0f2ec5_s.jpg
お金は「貯めるもの」だけではなく「使うもの」でもあります。
そしてお金に「働いてもらう」ことも必要なんじゃないかと思うようになったこの頃。
そんな私が、投資信託積立を始めます。

【投資信託積立とは】

投資に関してはまったくの素人です。
経済新聞なんていうのも読まないし、世界情勢にも疎い。

そんな私が投資というものに興味を持ったとき、もっとも向いているんじゃないかと思える投資信託積立を知りました。

仕事をしていて時間がない。
投資に関しては不勉強。
株価をみて売買するのがめんどう。

投資信託積立は、こんな素人な私に代わって、投資のプロの方が資産を運用してくれるというありがたいシステム。

少額ながら毎月きまった額を積み立てていくことにより、その時の値動きに合わせてプロの方が口数を増やしたり減らしたりしながら買い付けてくれるので、比較的安定した運用を期待できます。

毎月コツコツと積み立てて投資をしていくので、10年とか20年とか長期にわたって運用していきたい人には、とても向いているんじゃないかなぁ。
それに自分では世界のどこかの国の株なんて怖くて買えませんが、投資のプロの方におまかせするのだから、なんだか安心。

少子化が社会問題になっている日本は、これから人口は減っていきます。
日本の国が発展していくことに期待したいけれど、人口が減るということは生産も消費も減っていくのですよね。

なので、国内の株だけに頼らない、世界の国に目をむけていきたい・・・というのも、投資信託積立を始めたいと思ったきっかけでした。
もちろん、投資は貯金とちがって、元本保証されるものではない・・・というのを決して忘れてはならないことですが。

【投資信託積立の条件】

自分に代わってプロの方に運用していただくのですから、当然お礼はしなければなりません。
それが投資信託積立の手数料なわけです。

①購入時手数料
投資信託を買うときにかかる手数料は、だいたい1~3%程度ですが、最近は購入時手数料が無料の商品もでています(ノーロード)。

②信託報酬
運用をお任せしているのですから、この間は手数料が発生します。
これは当たり前ですよね、プロの方たちだって、仕事なのですから。
だいたいは1年間で1~3%くらいの手数料ですが、できる限り安いのに越したことはないですよね。

③解約時手数料
解約するときも、もちろん手数料はとられます。
解約金の0.3%程度です。
ふぅ・・・。
ここまではなんとなくイメージができました。
投資信託積立は、毎月お金を積み立てるから、あとはそっちでいいように運用してよ・・・。
ってなわけにはいきません。
自分で、どんなタイプの商品を選ぶのか指定しなければならないのですよ。
どんな商品を選ぶのか・・・と考える前に、初めての投資信託積立の条件としてイメージできたこと。

購入時手数料が無料なもの
信託報酬は1%以下
外国の株や国債などを分散投資

こんな条件が浮かび上がってきました。

【イオンで始める投資信託積立】

ネット銀行は3つ開設しているので、投資信託を始めるには簡単な手続きをネットで済ませることができます。
そして私はイオン銀行で投資信託積立を始めることにしました。
理由は・・・
トップバリュ商品がもらえるから(爆)。

その他にも
イオン銀行で投資信託口座を開設して、1万円以上購入すると、1,000waonがもらえることや、購入時手数料の50%をwaonポイントで還元してもらえるなど、9月いっぱいまでキャンペーン中なのです。

もっとも、ノーロード商品狙いなわけなので、購入時手数料の半分の還元っていうのは、関係ないですが・・・。

誰だって、最初は初心者。
そして誰だって、最初はなにもわからない。
よって、素人な主婦が投資信託積立をはじめるきっかけなんて、こんなモノに釣られる不純な動機でいいんじゃないかな・・・。
自分でやってみて、コツコツと勉強していけばいいのですから・・・。

【投資信託マヌケな余談】

さてさて、投資信託を始めようと思ってから1か月以上が経過してしまいました。
PCに向かって、お目当ての積立商品をチェックして、いざ購入しようとしたら・・・
なんと、取引パスワードがわからない!!

うっそ!
銀行口座のパスワードじゃないんだ。
そういえば、銀行口座開設するときに、取引パスワードを設定した記憶があるのですが、メモした紙もなければどこにも形跡が残っていない・・・。
思いつく限りの取引パスワードを入力しましたが、ログインできず。

あああああ。
結局、イオン銀行に問い合わせをして、郵送で取引パスワードを送ってもらうことになりました。
そうしてようやく取引パスワードが判明。
そこには、パスワードとして私が設定しそうな文字とは、まったく考えられない別物がありました。

おそらく取引パスワードだから、簡単に足がつくようなものは避けようと思って設定したのだと思いますが、こんなパスワード、どんだけ記憶をたどったとしても、絶対にたどりつけないような暗号でした。

ひゃああああ。
歳はとりたくないなぁ。
今後、こういったIDやパスワードの管理をやっていけるか、一抹の不安・・・。
とは言いつつも、まずは投資信託積立の世界へ足を踏み入れてみようと思います。
65歳になる頃までに、自分年金として資産運用できたらいいなぁ・・・。
その前に、ボケないように頭と体を鍛錬せねば・・・。

10年以上の長期運用を目指して始めた投資信託積立は5年経ってどうなったか
5年前、投資信託積立を始めました。投資に関してはまったくの素人でしたが、毎月一定額を積み立てて投資するという「投資信託積立」は、時間を味方につけた運用方法で、まるで銀行に積立している感覚で始められました。さて、10年以上の長期運用を目指して
タイトルとURLをコピーしました