1分で完了 ギドギドの油汚れが魔法のようにきれいになります

スポンサーリンク

重曹の最後の1袋がひとつもないとわかったときの、私のあわてようといったら!
でも大丈夫。
注文して2日後には届いたので一安心。
DSC06266.jpg
台所の換気扇の油受け皿の油が貯まって気になっていたので、さっそく届いた重曹でちゃちゃっと簡単に掃除をしてしまおう。


【換気扇の油汚れ】
換気扇の汚れって、ふだんは見て見ないふりをしたいところ。
でも、重曹を使うようになってからは、お掃除がぐーんと楽になりました。
今日は、換気扇の油受け皿を簡単に掃除してしまいます。
ついでに、換気扇の他の部分もやれば?って話ですが、今日はやめときます。
時間がないから?
いいえ、やりたくないからです(きっぱり)。
⇒簡単・短縮 換気扇の掃除 重曹とお酢の最強パワー
【重曹で1分】
換気扇の掃除をしてから2か月。
油受け皿にもすでにこのくらい油がたまるんですね。
DSC06267.jpg
以前は、換気扇などの油汚れ落とし用の洗剤で掃除をしていましたが、こういったまとまった油って、洗剤をふきかけても簡単には落ちないのです。
最初にこのベタベタした油をペーパーなどで拭き取ってから洗うのですが、何度も何度も洗剤を投入してはお湯ですすぐという作業を繰り返す。
ほんと油汚れってしつこい!
ところが・・・です。
重曹大さじ1杯をたまった油に入れます。
もちろん油をペーパーでとることなく、そのまま油にふりかけます。
DSC06268.jpg
そして重曹と油をまぜまぜします。
するとなんということでしょう!
DSC06270.jpg
あっという間に、重曹の粉が油に吸着して油がスルリと受け皿からはがれるのですよ。
DSC06271.jpg
そのまま重曹と油で茶色くなった物体をポイっと捨てます。
これだけでも、受け皿はサラサラになってます。
びっくり!びっくり!
まるで魔法のようです。
DSC06272.jpg
最後に食器洗い洗剤できれいに水洗いして終了。
ここまでで1分です。
油と重曹をまぜまぜする作業がとても楽しい。
これをやりたいがために、油がたまるのを待つくらいです。
いや、ほんとはやりたくないんだけどね。
でも、こんなに簡単にきれいになるのなら、苦痛な換気扇の油汚れの掃除も、ちょっとだけ気楽になりますよ~。
換気扇全体の掃除?
うーん。
ラスボスは、もうちょっと後にとっておきます。
【重曹を買うようになってから買わなくなったもの】
いつも重曹は10kgをまとめて買います。

1kgずつ袋わけしている重曹が便利で、いつもリピしています。
重曹を買うようになってから、買わなくなったものがあります。
●入浴剤
重曹を入浴剤として使っています。
かかとがつるつるになります。
⇒入浴剤の年間コストを60%カットする方法
●お風呂用洗剤
浴槽の残り湯を使ってそのまま掃除します。
⇒お風呂の重曹 入浴後は楽々お掃除で一石二鳥
●トイレ用洗剤
便器には重曹をふりかけて掃除します。
トイレの床には重曹スプレーを使っています。
●キッチンの油汚れ落とし用洗剤
しつこい油汚れも重曹で簡単に落ちます。
シンクや排水溝も重曹で掃除すると、嫌な匂いがありません。
●床用洗剤
重曹をお湯にとかして掃除しています。
こうやってみてみると、今まで何種類の掃除用洗剤を買っていたのかしら。
場所別、用途別にあらゆる洗剤をそろえて、これじゃあ置き場所もとられるしジャマにもなります。
重曹ひとつで、家中が掃除でき、かつ手荒れもない、環境にもやさしい。
重曹さまさまであります。
今度はなくなる前に重曹を買っておかなくては・・・。

タイトルとURLをコピーしました