高校3年生 怒涛の年間支出予想は100万円超え!

スポンサーリンク

高校3年生の次男。
受験生です。
先日、学校から1年間の納入通知書が届きました。
DSC04729.jpg
高校3年生の1年間で学校へ納める金額は、8万円ほど。
安い?
いやいや、長男の経験がありますから、この1年間は教育費が怒涛のように押し寄せます。
長男が高校生だったときを振り返って、高校3年生にかかる出費予想をまとめました。
震えた・・・。


【高校3年生でかかるお金】
大学受験をするのなら、学校へ納めるお金なんて氷山の一角に過ぎません。
3年前の長男が高校3年生だった時のかかった費用をまとめてみました。
同時に、今年次男にかかる出費を予想してみました。
高校3年生予想費用
鼻血出そう・・・。
次男にかかる今年の教育費支出予想額は、100万円を超えるってか・・・。
こうやってまとめてみると、受験費用だけで50万円近いお金がかかっています。
あくまでも長男の時のかかった費用なので一概には言えませんが、やはり年間にかかる費用として100万円は覚悟しておいたほうがよさそうです。
【大学受験費用】
年間100万円とはいえ、学校教育費や家庭教育費は毎月の収入からねん出していますので、貯蓄からまかなうお金は受験費用の50万円と考えています。
DSC03540.jpg
長男の場合は、国立大が第一志望でしたので、センター受験、前期後期試験代、二次試験代などに加え、なんせ田舎に住んでいるので、交通費や宿泊代がかさみました。
約14万円です。
しかし、一番かかった費用は、滑り止めにと受験した私立大の受験料。
すべてセンター利用受験をしましたので、現地に行くこともなく交通費や宿泊代がかからなかったのがせめてもの救いでした。
でも、長男の時は私も初めての受験を経験するので
「○○大学の△△学部を受験したい」などと長男に言われるがまま、受験をさせてしまったことが唯一の後悔。
3大学5学部も受験させる必要はなかったなぁ・・・。
ま、これも今だから思うことなんですけどねぇ。
そして、国立大の合格発表が出る前に、私立大の入学申込金を振り込まなければならない。
本命の国立大が合格するという保障はどこにもありませんからね。
泣く泣く私立大に25万円を振り込みました。
国立大が合格して喜びましたが、心の隅には
(嗚呼・・・私立大に振り込んだ25万円、返してくれ~)
という心の声がこだましておりました。
長男にはそんなこと言えませんけどね。
次男の受験の際には、よ~く話し合って、受験する大学を決めたいと思います。
本当は、推薦でサクっと決まってくれれば一番いいのですが・・・
哀しいかな・・・推薦されるほどの評定がないのが、一番の後悔か・・・。とほほ・・・。
【私の家計簿歴】
家計簿は、子どもが生れてからつけるようになりましたが、最初はノートに記載するカタチでしたので、何度挫折したことか・・・。
使途不明金もわんさかありましたし(←おい)。
もともと、ノートに文字を書くということがあまり好きではないのです。手が疲れるんですよね(そんな理由かい)。
DSC02248.jpg
パソコンで家計簿をつけるようになったのは、10年くらい前からですが、最初はおおざっぱに記入していたので、やはり使途不明金があちこちありました。
それに当時は、家計簿をつけているってことに満足し、それを振り返ることすらしなかったので、単なる自己満足だったのだと思います。
長男が大学生になって、貯金が思うようにできなくなってから、焦りました。
なんとかしたい一心で、ネットで検索するうちに、いろんな方の節約ブログを拝見するようになり、自分もブログを始めてみようと思いました。
それが約1年半前。
ブログにアップするということで、我が家の家計を振り返る良い機会にもなりましたし、適当につけていた家計簿もきっちり項目を分けて管理するようになりました。
過去の家計簿を振り返ると、なんでここにこんなにお金がかかってるんだ?という疑問もたくさん出てきます。
何が無駄な出費かというのもよ~くわかるようになります。
【家計簿は恩師である】
家計簿は、私にとって家計の恩師です。
人の家計と比べても、家族構成も世帯年収も、暮らし方もみんなちがう。
今までの自分の家計がどうだったのか、これからの未来をどうしていきたいのか、家計簿は私にいろんなことを気づかせてくれる大切な恩師のような存在なんです。
自分に合った家計管理ができるのであれば、別に家計簿なんて必ずしも必要なものではないと思います。
でも、私にとっては、家計簿は必要不可欠な存在。
それも、ノートに書いたりレシートを貼るようなものは性に合わないので、パソコンにサクサク入力するだけのもの。
こうして長男の時と比較できるのも、家計簿のおかげ。
次男の今年かかる出費もおおまかに予想でき、心の準備ができます。
どの貯金からどう出そうか、あれこれ計画を立てれるようになり、同時にますます家計を引き締めようという気持ちが高まります。
くうぅぅぅっ!
次男、勉強がんばれっ!
母は、家計管理をがんばる!
そして、家計管理を長続きさせるためにも、半年に1度は劇団四季に行かせてくれ~。(結局そこ?)

タイトルとURLをコピーしました