高校生にスマホは必至?格安スマホを検討

スポンサーリンク

中学生の娘のママ友たちに、度々聞かれることがあります。
「高校生になったら、やっぱりスマホは必要?」と・・・。
DSC06010.jpg
長男が高校生になるとき、次男が高校生になるときと比較して、高校生のスマホ事情もずいぶん変化してきたように感じています。
時代の流れにどうしても乗っていけないのは、親世代ばかりなのか?


【高校生のスマホ事情】
イマドキの高校生は、ほとんどスマホ持ちです。
とある調査によれば、高校生のスマホ所有率は9割り近くにもなるのだとか。
次男も高校2年生の春まではガラケーを使用していたのですが、自分がクラスの中で最後の一人のガラケーになったときに、スマホを買うことを決断しました。
クラスの連絡網は、LINEで周ってくるようになっていたので、ガラケーではどうしても置いてきぼり状態になります。
ガラケーの月額利用料金は4,000~5,000円だったのに対し、スマホになってからは7,000円となりました。
そもそも昔は、携帯やスマホなどなかった時代。
つまり高校生にかかる費用としては存在しないものだったのに、今では当たり前のように必要経費となっています。
高校生にスマホは必要ないでしょ。
・・・で片づける問題ではないと思っています。
連絡手段として、電報から自宅の固定電話へと変わり、ガラケーからスマホへと変わっていくめまぐるしい時代の進歩に、古いアタマだけが取り残されていく・・・そんな感じでしょうか。
わずか数年前、長男が高校に入学した当時は、高校生になったら携帯(ガラケー)持ちというのが当たり前だったことが、今では高校生はスマホ持ち・・・が当たり前になってきています。
【スマホは高いという概念】
そもそも、長男が高校生になるときは、周囲のみんなも比較的すんなりわが子にガラケーを買い与えたような感じがありますが、中学生の娘のママ友たちが、高校生になったらスマホを持たせることに躊躇してしまうのは、やっぱりその値段の高さではないのかなぁ。
大手3社のスマホであれば、月額7,000円以上は必至。
ただでさえ義務教育が終了して、高校にかかる費用も増加するのは目に見えている中、スマホ代に月額7,000円ともなれば、家計はイタイ。
スマホって必要なの?と思う気持ちもよくわかります。
しかし、クラスの連絡網もLINEとなっているのですから、これから新規に買うような場合は、やっぱりガラケーではなくスマホなんだろうな・・・と思うのです。
もちろん、それぞれの家庭での考え方もありますので、高校生になったら必ずスマホでなくてはならないというわけではありません。
【格安スマホの登場で】
そして、ママ友によくきかれることが
「イオンのスマホってどう?」ということ。
私が、月額利用料1,600円ほどでイオンスマホを使っていることを知っているママ友たちは、その使い勝手を聞いてきます。
LINEやメールを使うのが中心。
電話はLINE電話で十分事足りる。
ゲームもしないし、動画もみない。
なんてことを伝えると、ママ友たちがみんな同じことを言うのです。
「スマホでゲームなんかしなくていいし、動画もみなくていい。子どもにはイオンスマホで十分だね」と。
そのママ友さんたち、自分はふつうのスマホを使っているのですけどね・・・。
私も、娘が高校生になったら持たせるスマホは格安スマホで十分だと思ってます。
学校でスマホが使えるのは放課後だけ。それ以外は電源OFFにしなければなりません。
自宅にいる間は、Wi-Fiでつなぐことができるので、格安スマホの通信容量1Gでも十分だと思ってます。
ところで、イオンスマホLTEの月額2,980円で使えるデータ通信2Gのもの。
これが11月から価格は同じで自動的に5Gに容量アップしますね。
これは、すごくお買い得じゃないですか。
イオンショップ
娘に持たせるスマホとして、検討したいと思ってます。
私よりははるかに友達との連絡手段としてスマホを使うことですし、LTEでデータ通信5Gで2,980円はとってもお得。
ちなみに、中1からウォークマンを使ってLINEをやっている娘は、現在はすっかりLINEにも飽き、今では本当に必要な連絡手段として使っているようです。
スマホ中毒になる子どもも増える中、スマホを使う上での親子でのルールはきちんと話し合っておくべきだと思っています。

タイトルとURLをコピーしました