高収入なのに低貯金

スポンサーリンク

高収入なのに低貯金な人の共通点。
そんな記事を読みました。
DSC02455.jpg
ちなみに、その記事によれば
高収入とは年収700万円以上であり、低貯金とは貯金額100万円以下の人。
そんな方々には共通点があるのだとか。


【高収入なのに低貯金な方の共通点】
・楽観的
・老後以上に今が大事
・お金は貯めるものではなく使うものだと思っている
うーーん。わからなくもないです。
お金はお墓には持っていけませんからね。
自分で稼いだお金を自分に投資するのはいいことだと思いますし、お金は使ってこそ世の中の経済もまわって社会が豊かにもなります。
でも、世の中高収入で高貯金な方々もたくさんいるのは確かです。
低収入でも高貯金な方もたくさんいます。
【高貯金な方の共通点】
ふつう、貯金額って人様には公表しないものですから、私の周囲の人がどのくらい貯金しているのかはわかりません。
でも、節約カテゴリの中の方々のブログを拝見していても、貯金ができる人っていうのは、「自分の収入と支出のバランスをきちんと把握していて、なんのために貯金するのかという目的が明らかな人」なんだと思います。
【貯金の目的】
私は高貯金ではありませんが、目的を持って貯金をしています。
①3人の子どもを責任をもって社会に出すため
②老後を楽しく生きるため
もし、私が独身で親兄弟もいない独り身だったら、「今を楽しく生きるため」に貯金はしないでお金をどんどん使ってるかな・・・。
いや、逆に独りだから、老後は施設に入るためにやっぱりお金はしっかり貯めてるかな・・・。
どっちにしろ、やっぱり私はお金を貯めているでしょう。
「今」を困らない程度に生活できるのなら、やっぱり「将来」の不安に備えて貯蓄します。
【やっぱり貯金する】
結局は、個人の考え方なんですよね。
収入が多い少ないに関係なく、貯金をする人はしていて、しない人はしない。
自分が何歳まで生きるか、いつ死ぬのかなんて誰にもわかりません。
先のわからないことに対して、貯金をするのか、今を楽しむためにお金を使うかなんて、個人の自由ですから。
でも、今の私はやっぱり貯金。
長男が大学生になってからは、以前に比べたら微々たる貯金額となりましたが、それでもやっぱり貯金する。
3人の子どもたちのため。
自分の老後のため。
そんな中でも潤いは必要なので、お金を使うところは使う。
↓こことか・・・。
DSC02644.jpg
めりはりのある節約をする。
そんなゆるい感じが一番いいな。
さてさて、3番目の娘が大学へ行くとなれば、あと8年。
子ども3人が全員社会人となるにはもう8年。
健康第一で節約と貯蓄をがんばりたい。
あ・・・このブログは「がんばらない節約」でした・・・。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

タイトルとURLをコピーしました