重いのイヤダ 帰りたい 日用品費1割減

スポンサーリンク

消費税が8%になって3か月が経過しました。
日用品費は特に増えていません。
いや、むしろ減っています。
DSC04117.jpg
この3か月で日用品費は1割ほど減っています。
その理由を考えてみました。


【日用品の買い方】
1か月に1度のまとめ買いをしています。
これは消費税が5%だった3月までと同じなのですが、大きく変わった点は、ネットで買っていたものをお店に出向いて直接買うようになったこと。
1か月に1度のまとめ買いをする以前は、週に1度のチョイ足し買いをしていました。
これを1か月に1度、ネットでまとめ買いをするようになってから、我が家の日用品費は半減しました。
DSC03068.jpg
⇒日用品費半減!私のたった3つの方法
ところが・・・です。
ネットでまとめ買いの配送料が4月からかかるようになってしまいました。
送料324円。
送料でトイレットペーパーが買えます(笑)。
よって、自分でお店に行って買うようになりました。
もちろん1か月に1度のまとめ買いというスタイルはそのままです。
【日用品費の変遷】
日用品費
まだ3か月しか経っていないのですが、平均で見てみると約1割りの削減。
消費税が5→8%になったのに、日用品費は10%減っているのです。
日々の暮らし方はまったく変えていません。
例えば、シャンプーをめちゃくちゃケチって使うとか、洗濯用の洗剤を半分に減らしたとか・・・そういうことはいっさいしていません。
【日用品を買うときのポイント】
●月に1度のまとめ買いはお客様感謝デーを狙う
イオンで30日に買います。
5%OFFです。
●食料品とは別に買う
食料品は平日の休みの日を利用して日中に買い物を済ませます。
日用品は夜買いにいきます。
平日の夜は、次男や長女の塾や習い事の送迎があるので、送ったついでに買い物をしています。
●買い物リストでチェックしたものだけを買う
日用品の在庫チェック表を作りました。
必要なものをチェックして、このリストにあるものだけを買います。
特売品や新商品につられることなく、自分は買い物を頼まれた業者だと言い聞かせて(笑)、「お客様の注文票にあるものだけを買う」という意識で事務的に買い物カゴに入れていきます。
【日用品費が減った理由】
ネットで注文していた時は、5,000円以上で送料無料でしたので、日用品の他に調味料類も買っていました。
が、その月により5,000円に満たない時もあります。
そんなときは、無理やり5,000円以上になるように日用品なども余計に買うこともありました。
P1050406.jpg
自分でお店で買うようになってからは、必要なものを必要な数だけ買うようになったので、そういう無駄はなくなりました。
買い物リストの存在は大きいです。
お店に行くと、いろんな商品に目移りしやすいので、ついつい余計なものも買ってしまいますが、チェックした商品のみを買うという強い意識が生れました(笑)。
⇒日用品 ネットでまとめ買いはやめました
夜に買い物をするというのも、無駄なものを買わないということにつながっているかもしれません。
とにかく早く買い物を済ませて家に帰りたい。
家に帰ったら、皿も洗わなきゃならないし、洗濯物も干さなくちゃ。
お風呂の準備もしなくちゃ。
子どものYシャツにアイロン掛けをしなくちゃ・・・などなど。
やらなければならないことは山ほどあります。
まとめ買いするとけっこう荷物が重くなるので、今回はこれはやめておこう・・・と買わないものも出てきたりします。
重いものを運ぶのがいやだーーーという理由も大きい。
そんなわけで、消費税は上がったけれど、日用品費は減っているのかも。



もっとも、こんなことができるのも、私がまだ元気で体力があり余っているからでしょうね。
そのうち、こんなこともできなくなると思います。
いや、教育費貧乏時代が終われば、きっとこんなことはめんどうになってしないかも・・・。
いやいや、逆にこれが定着して、ずっと続くかな・・・?
自分の年齢や、子どもたちの成長、そして家庭の生活様式も年々変化していくのですから、それに合わせた節約の仕方を考えていくことも必要ですよね。

タイトルとURLをコピーしました