過去の出費を振り返る 高校3年生にかかる費用と2014年の覚悟

スポンサーリンク

過去の出費を知ることで、未来のお金の流れをある程度予想できます。
今年の支出を振り返り、来年度の予算を立てる。
いいえ、我が家の場合は3年前の家計簿を見直します。
7cec735a5b672b9d77554d27fd7e2a5e_s.jpg
3年前、長男が高校3年生だった年の1年間の教育費。
学校に部活に塾に模試に受験費用。
時間が過ぎればそのときのことは忘れてしまうものですが、ここは現実をしっかり見つめて、来年度高校3年生になる次男にかかる費用を、ある程度把握しておかなくては。


【高校にかかる費用】
公立高校でかかる教育費は年間39万円。(文部科学省調査による)
あれれ?意外と安い?
次男が高校1年生のときにかかった費用は約70万円。
⇒月額1万円以上の支出増?高校授業料無償化終了
我が家の場合は、修学旅行代や塾やおこづかいなどが含まれるので、ちょっと高くなってます。
学習にかかる費用以外にもあれこれかかりますから、実際には高校生の子どもがいることによってかかる費用は、39万円以上になりますよね。
【高校3年生では受験費用もバカにならない】
長男が高校3年生だったころの家計簿を見直してみました。
高校3年生
100万円以上かかってます(汗)。
そのうちの約5割が受験関連の費用。
大学受験をするとなれば、月に1度のペースで行われる模試も受けなければなりません。
当然、参考書なんかを買ったりします。
さらに自分が行きたい大学のオープンキャンパスにも参加したりします。
ちなみに長男は2つの大学のオープンキャンパスに行きました。
遠方なので交通費や宿泊代もかかります。
受験は1校だけ・・・というわけにはいきません。
私立大なども受験します。
受験するには、願書、受験料にもお金がかかりますし、受験会場までの交通費や宿泊代。
センター試験を受けたあとは、志望大学の前期二次試験。
もしも、二次試験で合格しなかった場合のために後期試験の受験料も納めておきます。
国立大がダメだった場合は私立大。
長男の私立大受験は、センター利用受験でした。現地で試験を受けなくても願書のみの提出です。センター試験の点数で判定され合否が決定されるもの。
おかげで現地への交通費や宿泊代はかからずに、ちょっとだけ安く済むことができました。
そして、国立大の合格発表までの間には、私立大への入学金を納めなければなりません。
幸い国立大に合格しましたが、私立大へ納めた入学金25万円は泡となって消えていきました(泣)。
受験って!
受験ってっっっ!!!
高校にかかる費用は、毎月の給料からねん出しましたが、受験にかかる50万円は貯蓄から出しました。
【2014年はさらに家計を引き締める】
はぁ~・・・。
現実を知ったら、気が重くなってきた・・・。
来年度高校3年生になる次男は、勉強が不得意(笑)。
受験はスムーズにいかないと予想しております。
勉強に関しては、親が手伝えることはなにもありませんので、私が協力できることはお金と食事と健康管理のみ!
2014年は消費税も上がることだし、物価もじわじわと上がってきているし、我が家の家計もさらに引き締めてまいりたいと思います。
⇒赤ちゃん取り違え事件 お金で幸せは買えますか?
長男のときのかかったお金を再認識したら、がぜん節約に燃えてきた~!!
↓そんな私にクリックしていただけたらうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました