買い物の仕方が変わった 晩ごはんメニューの決め方

スポンサーリンク

この1~2年で、私の食料品の買い物の仕方が変わってきたと思います。
P1040953.jpg
以前は、ある程度1週間の献立を決めてから買い物に行っていましたが、今では何も決めないで買い物に行きます。
買い物の仕方が変わったのは、文明の利器のおかげかもしれません。


【食料品のまとめ買い】
以前は1週間に1度、食料品をまとめ買いしていました。
たしかに無駄な買い物はしなくなりましたが、あまりにも荷物が多くなり運ぶのが大変でやめました。
いや、それ以上に、1週間分の食料品をまとめ買いすると、家に帰ってからの仕分けが大変で、これが嫌になったからです。
もともと料理の下準備というのがあまり好きではないのです。
買ってきた肉や魚を、下処理をしたり冷凍したり冷蔵したり・・・こういう作業に費やされる時間がもったいなくて、1週間分のまとめ買いはやめてしまいました。
とはいえ、今は1週間に2回の買い物。
3~4日分の食料品ならば、すぐに使わない肉などは冷凍庫へ。
魚類は買ってきたその日に食べてしまえばいいので、さほど下準備や仕分け作業も必要なく、そのまま冷蔵庫へ入れるだけのことが多いです。
我が家で、魚料理のメニューのときは、ほとんどが買い物に行った日というわかりやすい献立となってます。
⇒1週間の晩ごはん 9月23日~9月29日
【献立の決め方】
以前は1週間分の献立をある程度決めて、それに必要な食材を買うというスタイルをとっていました。
お店に行って、買おうとしていた食材があまりにも高いときは、代用できる他の食材を買うこともあります。
しかし、現在は献立メニューは特に決めずに買い物に行っています。
理由のひとつとして、イオンのちらしアプリをみて買うようになったから。
⇒イオンチラシアプリは新聞よりも早い ちょっとお得なスマホアプリ
チラシに掲載されているお買い得品をチェックして、まずはそれらを買います。
それからメインとなる食材を買います。
4日分であれば、肉類3種類に魚類1種類といった感じ。
サブの食材として、野菜類、卵、豆、豆腐類、乾物など。
あとは、その日に食べるメイン(肉や魚)を決めて、材料名で検索。
クックパッドなしではやっていけないくらい、クックパッドを活用しています。
メインの料理が決まってから、サブで合いそうな野菜などを決めます。
もちろんサブの献立もクックパッドです。
【見た目もおいしさを求める】
料理っておいしいことが一番ですが、私は見た目もおいしさのひとつの要因だと思うのです。
とはいえ、フランス料理のように、お皿にソースを芸術的に描くなんてことはできません。
で、私がちょっとだけ見た目でもおいしそうにみせるために、家で必ず切らさないようにしているものがあります。
●万能ネギ
●かわいれ
●パセリ
もうこれらは、私にとって料理の見た目アップのための三種の神器といってもいいくらい。
万能ネギは、主に和食系に、かいわれは洋食系に、パセリはなんでもあり・・・という感じで、料理の上にトッピングするだけで、見た目がアップグレードするのですよね。
あ・・・、でも娘がかいわれをあまり好まないため、最近かいわれを買わなくなったなぁ。
これはパセリで代用できるから良しとします。
安い食材を、いかにおいしく食べるかっていう工夫のひとつでもあります。
消費税が8%になっても、我が家の食費にほとんど変化がないのは、特売品を買ってあとはいかにおいしく料理を作るかってところにかかっているのかもしれません。

イオンで得する節約術
⇒おうちでイオン イオンショップで消費税8%をなかったことにする方法

タイトルとURLをコピーしました