親の年金をあてにする子どもたち・・・

スポンサーリンク

高齢の母親が、怪我をして入院していましたが、無事に退院できる運びとなりました。
しかし、痴呆もすすんでいるため、仕事をしている家族は日中つきっきりで看ることができません。
3f532ac3718e64ba61bd3f9f3e6e518d_s.jpg
そこで病院側は、介護施設を紹介しました。
しかし、結局その母親は介護施設に入りませんでした。
理由は、お金です。


【親の年金をあてにする子ども】
介護施設で働く友人から聞いたお話です。
せっかく病院側が紹介してくれた介護施設に入らなかったその母親は、他のリハビリ施設がある病院へ移りました。
介護認定も受けて、実際に介護施設に支払うお金は月々3万円。
その3万円を払うのが嫌で、介護施設に入ることを家族が断ったそうです。
病院に入院となれば、後期高齢者であるため、入院費は一切かからない。
しかし介護施設であれば月3万円かかる。
月3万円を払うとなれば大変なことです。
しかしですよ。
その母親の年金があるじゃないですか。
その年金の中から3万円を払えばいい話。
単純に考えればそうなのですが、その子どもたちは母親の年金をあてにして生活していたんでしょうね。
親の年金を自分たちの生活費として組み込んでいれば、月に3万円だって払うのをしぶるわけです。
時々ニュースでも耳にします。
親が亡くなったことを隠していて、何年も年金を受け取っていた・・・という話を。
そんな子どもを情けないと思うのか。
しかし、そんな子どもに育てたのは、その親でしょう・・・と思うのか。
今の働く世代の社会情勢はさらに厳しくなっており、年金をもらっているお年寄りのほうが、はるかに悠々自適な生活を送っている場合もあります。
親の面倒(介護)をみているのだから、その親の年金をどう使おうと勝手でしょう・・・と思うのか・・・。
P1050484.jpg
【自分のことは自分で】
子どもが社会に出るまでは、親が経済的社会的にすべて責任を持つ。
子どもが独立したら、子どもは子ども、親は親、それぞれが自分の生活をし、お互いに金銭面では頼らない関係でいたい。
子どもが社会人としてスタートするまでは、全面的にバックアップします。
それが親の責任であり、そのためにも子どもが生れたときから計画的にお金を貯めてきたつもりです。
しかし・・・
予想以上にお金がかかり、教育貯金としてはちょっと足りなかった部分もありますが・・・・(汗)。
現在私が節約生活をしているのも、すべては3人の子どもたちに借金を背負わせることなく、社会に送り出すため。
そして、子どもたちが独立しても、その節約生活は続くと思います。
それは、老後子どもたちに迷惑をかけないで暮らしていきたいから。
親も子どもも自分のことは自分で。
これが理想です。
【節約ではなく倹約でもなく】
なんとなく節約っていうと、日々切り詰めて生活しているように聞こえるので、本当はあんまり節約って言葉は好きではありません。
倹約のほうがしっくりきます。
節約とは「無駄をはぶいて、切り詰めること」
倹約とは「金や物を無駄遣いしないように努めること」
切り詰める生活は、ストレスになりそうなので、やっぱり私には倹約のほうが合っているかもしれません。
お金は無駄遣いしない。
そして自分のため、家族のために「活きたお金の使い方・賢いお金の使い方」をする。
よって、倹約よりも賢約がいいな。
good⇒better⇒best 的な感じで
「節約」⇒「倹約」⇒「賢約」
「節約」の最上級は「賢約」みたいな・・・。
と、一人でブツブツ言ってみました。
【親の介護と自分の老後】
実家の両親は80歳を過ぎましたが、今のところ元気で暮らしています。
しかし、近い将来必ず介護が必要となります。
お互い生計は別にしているので、自分の親がいくら年金をもらっているのか、いくら貯金があるのかもわかりません。
親が介護が必要になったとき、果たして私は親の分まで経済的に面倒をみれるだろうか・・・という不安はどこかにありましたが、親の年金を親のために使うことはできそうです。
⇒老後に必要なお金は月20万円では足りないのか
そして、そんな実家の両親のように、私も子どもには迷惑をかけないようにしたい。
教育費貧乏が終わっても、老後のために賢約生活は続けていくんだろうなぁ。
で・・・
いざ、私が老後生活になったとき、我が子たちが親の年金を思いっきりあてにしてきたら、どうするか・・・。
シャレにならないお話ですが、そんな風に育てた自分の責任でもあるのですよね。
とりあえず、来年は就活が始まる長男に、お盆に帰省したらちょっとばかりお金のお話を語りたい・・・と思った次第であります。

タイトルとURLをコピーしました