老後の蓄えもしてさらに税金も安くなる!?

スポンサーリンク

先日、長男の国民年金保険料のクレジットカード払いの手続きをしました。
DSC03001.jpg
自分なりにいろいろ調べた結果、国民年金の支払いはクレジットカード払いの一括前納が一番お得だと判断したからです。
さらに、国民年金保険料の支払いで節税対策にもなるので、これは申請しなきゃ損ですよ~。


【20歳になったら国民年金】
私が国民年金保険料を納めたのは、就職した22歳からです。
当時は、まだ20歳からの国民年金保険料の支払いは義務ではありませんでしたから、学生だった私は保険料は支払っていませんでした。
もうもう!!なんで親が立て替えてくれなかったのよ!
と、親に文句を言ってもしかたありません。
それくらい、当時はのほほんとしていて、国民年金の保険料の支払いも強制力はありませんでしたから。
今は20歳になったら国民年金保険料の支払いは義務となっています。
日本は高齢少子化で、国民年金もこの先どうなるかわかりませんが、とりあえず義務というならば支払います。
子どもの老後の心配までする・・・それが親なんでしょうね。
もちろん子どもの国民年金保険料は私が立て替えします。
就職したら立て替えた分は返してもらいます。
DSC02998.jpg

【クレジットカード払いがお得】
DSC02999.jpg
クレジットカード払いにするには、近くの年金事務所に電話して、クレジットカード払いの申し込み用紙を送ってもらう必要があります。
それに必要事項を記入して年金事務所に返送します。
来年度4月からのクレジットカード払いにするには、2月末までに手続きが完了していなければならないので要注意です。
今年の保険料は、半年分の前納で郵便局で支払いました。
来年度からは、楽天カードから一括1年分が引き落としされる予定ですので、3,200円のお得と楽天スーパーポイントが1,772Pもらえる予定です。




【そして節税対策】
子どもの国民年金保険料を親が立て替えした場合、その全額が親の社会保険料控除の対象となります。
例えば、課税20%の場合だと国民年金保険料約18万円×20%=36,000円
つまり、1年間で支払うべき税金分から36,000円が減るんですよね。
180,000円(国民年金保険料)-36,000円(節税分)=144,000円
↑こんな風に考えれば、さらにお得な感じがします。
保険料を支払って老後の蓄えができて、さらには節税にもなるなんて、なんだかうれしい。
国民年金機構から11月になれば納税証明書が届くようなので、それを持って年末調整へGO!

タイトルとURLをコピーしました