洗濯機の排水溝の掃除 トラップと罠

スポンサーリンク

洗濯機の汚れた水を流す排水パイプと排水溝。
年に1度は掃除しますが、今回はちょっと気になったので、掃除をしました。
DSC05618.jpg
嗚呼・・・やっぱりね。
半年前に掃除をしたけど、やっぱり汚れますよね。
洗濯の汚れた水を流すところだもんねぇ。


【洗濯機排水溝の掃除】
洗面所の空気がなんとなくよどんできたら、洗濯機の排水溝をチェックしてみるのもいいかもしれません。
昔は、この排水溝を外して洗うってことは、まったく頭の概念にありませんでした。
なんか洗面所が臭いなぁ・・・と、匂いの素をたどっていったら、排水溝にたどり着いたというわけです。←おい。
DSC05620.jpg
我が家の洗濯機の防水パンについている排水溝は、簡単に取り外しができるタイプのものです。
このフタを外すと、中に水のたまった部分があります。
実はこのたまっている水は「トラップ」といって、室外からの匂いを遮断するための水。
水でフタをすることで、室外からの匂いが室内に入ってくるのを防ぐためのものなんだそう。
すごいなー。よく考えるよなー。
水洗トイレに水がたまっているのも、洗面台の下の排水パイプがくねくねと曲がっているのも、水をためてフタをしてるってことなんだなー。
・・・と、感心すること数秒。
しかし、ここのトラップの部分の水が汚ければ、フタの役目を果たすどころか、匂いの原因になっているわけなんですよね。
わーーー。
まさにトラップがほんとの罠!!
DSC05622.jpg
ほらね、取り外したパーツはこんなに汚れ満載です。(何気に得意気)
DSC05621.jpg
そして底の部分には、もはやなにがどうなってこうなったのかわからない黒い物体。
これじゃあ、排水溝のトラップどころではありません。
匂いの原因はこんなところにあるんです。
スポンジひとつをダメにして、ここの部分の汚れた水をすべてかきだしきれいにしました。
DSC05628.jpg
最後にこの奥にある排水パイプの部分に塩素系の漂白剤を噴霧して終了。
DSC05629.jpg
排水溝のパーツの部分は、お得意重曹をふりかけてきれいにしました。
使い勝手を考えて、1kgづつジップロックに詰めました。重曹 10kg入り (1kg×10袋) フードグ…
DSC05635.jpg
ふぅ・・・。
これで我が家の洗濯機の排水溝は、きれいな水がフタをして外の匂いを遮断してくれます。
この排水溝の掃除は、昨年末にしたのですが、半年ほどでこのくらい汚くなるんですね。
もうちょっとマメに掃除しないとなぁ・・・。
とか言いつつ、きっと次にやるのは年末大掃除・・・・。
【番外編 洗濯機排水パイプ】
DSC05619.jpg
洗濯機と排水溝をつなぐ排水パイプの中ものぞいてみると、ドロドロしています。
怖い・・・。
この中は、まさか切り開いて掃除するわけにもいきませんから、液体漂白剤を流し込んで、パイプの内側に行き渡るようにパイプを上下左右に傾けて・・・そしておしまい。
DSC05631.jpg
それなりにきれいになりました。
ふだんあまり掃除しないようなところをみるのは、とても怖い。
どんな汚れが潜んでいて、そこから何が沸いて出てくるか、未知の恐ろしさがあります。
(・・・ってか、そこまでなる前に掃除しろって話ですが)
勇気を出して掃除したあとは、とっても気分よく過ごせます。
実はちょっと怖いものみたさで、他に挑んだことのない場所はないかと、探していたりします。
我が家の食費と晩ごはん 更新しました。
⇒【キャベツ】給料日前の冷蔵庫残り野菜で

タイトルとURLをコピーしました