時間も節約 安い餃子もおいしくなる 

スポンサーリンク

ご存知【桃ちゃん餃子】です。
スーパーで20個入り150円くらい。
たまに安売りのときは98円で売ってたりします。
DSC02375.jpg
餃子は自分で作る手作り餃子が絶品だと思っていますが(自画自賛)、仕事で遅くなったりした日には、こういった既成の餃子を使います。
でもちょっとだけ手を加えます。そのほうが、料理したぞーって気になるから。


【羽根つき餃子の作り方】
羽根つき餃子って、いつのころから世に出回るようになったのかしら。
少なくとも、私が子どものころはなかったもの。
お店で羽根つき餃子を初めて食べた日には、感激いたしました。
私にとって羽根つき餃子は、ちょっと小洒落たリッチな餃子です。
DSC02376.jpg
桃ちゃん餃子をフライパンに丸く並べます。
こういう並べ方も、お店で食べたときのマネっこです。
DSC02377.jpg
表面を少し焼いたら、小麦粉大さじ1に水100mlでといたものを一気にフライパンへ流しいれます。
あとはフタをして蒸し焼きに。
小麦粉の水がブクブク泡立ってきたら、鍋肌からごま油をたらして表面がカリカリになるまで焼きます。
DSC02383.jpg
今日はちょっと急いだせいで、きれいな羽にならなかったけど、それなりにそれっぽい。
お味は、桃ちゃん餃子のまんまですが、見た目がおいしそうになれば、味もちょっとだけグレードアップするような気になります。

でもね・・・
ほんとは、羽根つき餃子の目指したいカタチはこんな感じ。
⇒新宿でおいしい餃子を食べるならここ
↑これはもう芸術です。
私もこんな風に作れたらいいんだけどな・・・・。
きっと小麦粉と水の分量がちがうんだろうなぁ・・・。
カリカリしてたから、片栗粉使ってるのかな・・・。
などなど思いつつ・・・。
時間の節約餃子でした。

タイトルとURLをコピーしました