日用品費半減!私のたった3つの方法

スポンサーリンク

ネットスーパーで日用品をまとめて購入するようになってからもうすぐ1年。
この1年で我が家の日用品費は約半分に減りました。
DSC03068.jpg
日用品費を減らすには、月1回のまとめ買い。
私の場合はこれに尽きます。


【日用品費の平均】
総務省家計調査報告によると、平成24年の家具・家事用品費の平均は9,639円。(2人以上世帯・世帯主40歳代の家計)
毎月家具は買わないにしても、あくまでも平均値。家事用品費=日用品費と考えても、だいたい月に1万円ほどの支出のようです。
日用品のくくりは家庭によって若干差はあると思いますが、我が家の場合は家族全員で使う日用消耗品が該当します。
洗剤やトイレットペーパー、シャンプーや石鹸などの衛生用品など。
【日用品費の推移】
我が家は1年前と比較して、日用品費が約半分に減りました。
日用品費2012
理由は明確です。
買い物に行く回数を減らしたからです。
【日用品費を減らすには】
1.買い物に行かない
・・・と言っても、行かないわけにはいきませんから、私の場合は月に1度イオンのネットスーパーを利用することにしました。
それまでは週に1度はドラックストアやホームセンターに立ち寄り、必要なものを買う他に、そのとき目についた新商品や気になる商品をついつい買い物かごに入れていたのです。
月に1度ネットスーパーで日用品を注文するようになってからは、在庫を確認して必要なものだけを買うようになり、余計なものは一切買わなくなりました。
ドラックストアはこの1年間行ってません。ポイントカードも破棄しました。
まったく不便は感じておりません。
2.プライベートブランドの利用
イオンの株主になってからは、できるだけトップバリュ商品を使ってます。
トップバリュのようなプライベートブランドは、スーパーが独自に開発した商品なので、同じような品質でもコストは2~3割は安くおさえられています。
「広告の品」というチラシに踊らされて買い物に出かけることもなく、自分が必要なものを割安の安定した値段で買うことができます。
⇒私のお気に入りトップバリュ商品
私の場合はこの2つを実行するだけで、日用品費が半減しました。
例えば、もっと安いシャンプーやリンスを買うとか、洗剤も底値を待ってから買うとか、はたまた1回に使うシャンプーの量を少なくするために、シャンプーボトルに細工をするとか・・・。
そこまでして日用品費を削ることはしていません。
そこは「がんばらない節約」ということで・・・。
あまり切り詰めると発狂してしまうので、今のゆるい感じでいいのです。
自分のスタイルで続けることができるということが大事なんだと思ってます。(←自分に甘いと言われれば、そうなのだが・・・)
あ・・・、そうだ。もうひとつ日用品費を減らす方法。



3.時々家計簿をチェックする
今回のように、昨年と今年の日用品費を比較する。
こうすることで自分に喝を入れられ、反省したり今後の方針を考えたり・・・そういうのも大事かな。
昨年と比べて半分だ~!と喜んでいるだけでは、まだまだ先へは進めませんが、そこは「がんばらない節約」ということで、ご愛嬌。(←自分に甘くてすみません)

タイトルとURLをコピーしました