授業料無償化でも部活で帳消し 高校の部活にかかる費用

スポンサーリンク

2014年度入学の高校1年生から、高校授業料無償化に所得制限が導入されます。
2、3年生は現行制度を継続するので、我が家の次男は来年度も授業料が無料です。
授業料が無料なのは大変ありがたいのですが、高校生活ではほかにもお金のかかる場面がたくさんあります。
DSC01520.jpg
サッカー部の次男。
高校のサッカー部ではどのくらいお金がかかるのか、まとめてみました。


【公立高校サッカー部にかかるお金】
無題
昨年、次男が1年生のときに部活にかかったお金をまとめています。
⇒高校サッカー部にかかるお金 弱い部活でもそれなりにかかる
結局、2年生になっても年間でかかる費用は約10万円前後。
新入生のときに部活でそろえたジャージ等の分が、2年生ではかからなかったのでその分安くはなっていますが、試合などの遠征費用は、生徒会からの補助が減ったとのことで、個人の負担は若干大きくなりました。
練習着やスパイク等も消耗品ですので、やっぱりお金はかかります。
【部活の意義】
次男の高校は、部活に入る入らないは個人の自由です。
しかし、部活を3年間やり通したという実績は、大学入試に多かれ少なかれ影響は与えます。
部活は忍耐力や体力の向上、マナーや礼儀などの態度の育成にもなります。
次男のように、サッカーが大好きで単純にサッカーをしたいから・・・という趣味的な理由で部活をしているのもありです。勉強詰めでは、次男は精神的にまいってしまうでしょう。
そんなメリハリのある高校生活を送って、3年生になって部活を引退したときには、いよいよ勉強にラストスパートをかけられる、部活で得た忍耐力できっと受験に打ち勝つことができる。
↑・・・あ、ここは母の願望。
次男はそんなことを考えてサッカーはしていない。単純なサッカーバカです。
とにかく!
我が子がサッカー部に入りたいといったなら、それを応援してあげたいのが親心。
【部活の お金 おかげ】
高校授業料が無償化でも、部活にかかる費用で帳消しです。
でも、やっぱり子どもの希望は叶えてあげたい。
次男は高校授業料無償化の恩恵を受けたおかげで、部活も続けられたと言っても過言ではありません(←そーなのか?)
さてさて、今月は高校サッカー新人戦。
サッカーを観る楽しさを教えてくれたわが子に感謝して、応援がんばります。

タイトルとURLをコピーしました