我が家の医療費内訳と未来予想図

スポンサーリンク

医療費の節約をしよう!
といっても、案外難しい。
病気になるときはなるのだし、薬が必要なときは必要なのだし。
DSC03265.jpg
幸いにして、うちの家族は特に大きな持病もありません。
子どもたちが大きくなった今では、風邪をひくこともほとんどなくなりました。
よって、そろそろ家計に占める医療費の見直しをする時期なのかな・・・。


【我が家の医療費の内訳】
今年現在までで、医療費としてかかったものをまとめてみました。
無題
あららっ!?
こうしてまとめてみると、医療費かかってるんですね。
このままの調子でいくと、年間かかる医療費は約10万円。
医療費控除の申請すらできないですねぇ。
昨年は医療費に13万円かかり、医療費控除の申請をしましたが、今年は微妙。
昨年よりは医療費が減っているのだから、喜ぶべきところなのでしょうけど・・・。
【今後減るところと増えるところ】
風邪などで内科にかかる医療費は、今後減っていくものと思われます。
大人は風邪をひいても気合いで治しますが(笑)、子どもが風邪で熱を出したらやっぱり病院受診をします。
おそらく子どもたちが高校を卒業して家を出たら、この内科の部分は減ってマイナス1万円。
長女が体育の授業で骨折して整形外科受診をしたのは不意の出費であり、次男のにきびで皮膚科受診したのは、現在は治りつつあるので来年度はかからないかもしれません。よってマイナス1万円。
DSC00923.jpg
長女が自立したらコンタクト代も不要となるのでマイナス2万円。
歯科検診も子どもの部分がなくなれば半減。
ということは・・・
子どもたちが自立したら、年間の医療費は夫と私で5万円ほどあればいいのかなぁ。
しかし・・・
私は、甲状腺と乳腺に良性の腫瘍があるので、半年に1度は乳腺外来を受診。
⇒乳がん検診に1万円!高い~!でも積立してるから大丈夫
そして更年期になって欠かせなくなった漢方薬も必須。
さらに、夫と私は年老いていく身体。
あちこちに不具合が発生して、病院にかかることも増えるんだろうなぁ。
【医療費の節約のためにできること】
なんといっても身体が資本。
健康で病院にかからないことが一番です。あたりまえのことですが。
そうなってくると、毎日の生活習慣がとても大切になってきます。
バランスのよい食事。
適度な運動。
ストレスをためない生活。
そしてやっぱり定期健診を受けて、病気の早期発見。
医療費は必要なところにはかけることも大事なのかもしれません。
私は、バランスのよい食事は心がけているつもりだし、ふだん仕事で適度に動いているし、大好きな劇団四季を観るということがリフレッシュにもなるから、きっと大丈夫!(と、自分に暗示をかける)
あとは変なところでコケて骨折し、それがきっかけでボケないように、足腰を鍛えます。
そしてブログを書くことで、アタマを鍛えてボケ防止に努めます。
以上!
なかば強引な医療費未来予想図のまとめ。

タイトルとURLをコピーしました