忙しい朝に30秒でおにぎり2個を作る方法

スポンサーリンク

朝はめまぐるしい。朝は忙しい。
子どもと自分のお弁当作りに、朝食の準備。
そして夫のおにぎり作り。
DSC06677.jpg
おにぎりくらい自分で作ればいいのに・・・と思いながら、力を込めて 愛情こめて夫の昼食用のおにぎりを作ります。
その時間30秒。
忙しい朝に、短時間でおにぎりを作る方法です。


【夫のおにぎり作り】
外回りが多い夫に、毎日おにぎり2個を作ります。
会社の事務所でカップラーメンとともに食べたり、車で移動中に食べたりと、融通がきくおにぎり。
本当に時間のないときは、奥の手で冷凍庫に保管している焼きおにぎりを出します。
⇒【おにぎり】夏はこれ!手間と時間の省略
前日の晩ごはんのごはんが残っているときは、それを使っておにぎりを作ります。
【おにぎり作り30秒】
①おにぎりの型(2つ連結したもの)にごはんを入れる(10秒)
②軽く型押ししておにぎりを出し、手で2回ほどふんわりとにぎる(10秒)
③海苔をまく(10秒)
以上30秒でおにぎり2個の完成です。
以前はもっと、モタモタして時間がかかっていましたが、今では本当に30秒で完成します。
我ながら素早い!
【海苔を切っておく】
で・・・、以前は何にモタモタしていたかと言うと、海苔!
海苔を切る作業に手間取っていたからなのでした。
DSC06662.jpg
海苔1枚を袋から出し、それをおにぎりを巻くサイズに切るという作業が一番時間がかかるのです。
切って残った海苔は、再び袋の中へ入れるわけですが、こうすることにより海苔が湿気やすくなります。
そこで、海苔は事前にカットするようになりました。
DSC06667.jpg
1枚の海苔を縦に4等分。
DSC06668.jpg
さらにそれを横半分に切ると、ちょうどジップロックのコンテナに収まるサイズになります。
朝、おにぎりを作ったらこの中から2枚を取り出して、1個のおにぎりの両側から2枚で包むようにします。
おにぎりが肩からショールを巻くようなイメージで・・・。
DSC06678.jpg
そして完成。
2枚の海苔で巻くほうが食べやすいです。
我が家の海苔は、カットして保存しています。
ジップロックのコンテナに入れて冷蔵庫で保管しているので、湿気ることもありません。
海苔は、おにぎりに使うか、あとは細かく刻んで料理に使うので、すべてカットしていても困りません。
太巻きや海苔巻は作りません。手巻き寿司は、このサイズにカットした海苔のほうが、一口サイズで食べやすいです。
とはいえ、いつも海苔は50枚入りのものを買うので、全部がジップロックのコンテナに入りきらず、半分はカットしないままの海苔が冷蔵庫にあるのですが・・・。
朝は時間がないので、事前にやれることはやっておくと時間の短縮にもなります。
そんなに時間がないなら、30分早く起きれば・・・・?と言われそうですが・・・その30分早く起きることができないから、海苔をカットするに至った次第です。

海苔は、期間限定楽天ポイントを使って50枚 1,000円ぽっきりのお寿司屋さんの訳あり海苔を買ってます。

タイトルとURLをコピーしました