年間1万円以上が還元される電子マネーのメリット・デメリット 

スポンサーリンク

我が家の家計にも、電子マネーが普及して3年近くが経とうとしています。
電子マネーってなんか実態のないお金で心配。
現金でやりとりしないと不安。
そう思っていたのに、今では電子マネー様さまでおおいに活用させていただいております。
DSC03885.jpg
電子マネーを使うことにより、年間1万円以上が還元される。
こんなにおいしいお得な支払方法は、現金払いでは絶対にないものです。


【我が家の電子マネー】
●waonポイント(前払い式)
イオン系列のお店で使えるwaonカードは、現金を前もって入金(チャージ)しておくタイプの電子マネーです。
使った分があとでまとまって請求のくるクレジットカードとちがい、比較的管理しやすい前払い式電子マネー。
私は、毎月5万円をイオンカードセレクトにチャージします。
我が家の食費予算は月5万円なので、あらかじめチャージすることで予算内に収めようという気持ちが働きます。
⇒10月の食費内訳
●楽天スーパーポイント(後払い式)
ネットでの買い物は、ほぼ楽天市場経由なので楽天カードで支払います。
楽天市場では、購入した金額の1%分の電子マネー(楽天スーパーポイント)がもらえ、かつ楽天カード決済でもポイントがもらえるという二重取りができます。
そして商品によってはポイント2倍や3倍、10倍なんてときもあります。
⇒楽天カードのポイント還元率は3%以上!今更気づいたこの事実
楽天カード決済した場合はその都度別の袋に現金を入れて管理しています。
後日請求がきても、あわてません。
【電子マネーのメリット・デメリット】
日常的に使っている電子マネーはwaonですが、そのメリットは
・チャージ式なので必要以上にお金を使ってしまうことがない
・イオンカードセレクトの場合、waonでの支払いもカードへのチャージもwaonポイントがもらえる
というところでしょうか。
waon_201411121954003fd.png
今年は毎月1,000円分以上は電子マネーとして還元されています。
現金で支払っていたら、絶対にもらえない電子マネーですから本当にありがたいシステムですよね。
⇒イオンカードセレクトでwaonポイントを最も効率的に貯める方法
電子マネーは、目に見えないお金なので残高が把握しにくいといデメリットもありますが、waonで支払ったさいのレシートにはwaon残高がきちんと記載されていますので、買い物するたびにチェックするようにしています。
waonで支払うようになってからは、ブタ財布のようにパンパンに膨らむこともなくなり、小銭がジャラジャラ入っていることも少なくなりました。
支払もカードをかざすだけなので、レジがスムーズになりましたし、ストレスフリーなところも電子マネーのメリットかな。
いやいや、電子マネーを活用するようになって家計管理がしやすくなり、さらには還元される電子マネーで節約にもなるというところが、最大のメリットでしょう。

タイトルとURLをコピーしました