家中どこからでも印刷できる プリンタはやっぱり無線LANにしたい理由

スポンサーリンク

夫が言いました。
「オレのパソコンからも印刷できるようにしたいなぁ!」
そして私は言いました。
「だったら無線LANのプリンタ買ってよ」
DSC05393.jpg
夫「買えない・・・」
私「じゃ、無理じゃん」
こんな会話のわずか数日後、我が家は無線LANのプリンターを買うことになりました。
とほほ・・・。
まさかの予期せぬ出費。


【プリンターが壊れた】
印刷していたら、突然停止してしまったプリンター。
見ると、初めてみる表示が・・・。
DSC05383.jpg
我が家のプリンターはキャノンのMP630。
5年前に購入したものです。
ネットで検索してみると、どうやら基盤が壊れてしまったようです。
自分でなんとか修理したツワモノもおり、一応その方の説明に従ってやってみたのですが、修復できず。
このような場合、修理に出すと11,000円かかるらしいのです。
よって、修理に出すのはやめました。
今やプリンターもずいぶん安くなってます。
買ったほうがいいもんね。
それにしてもこのタイミング。
まるで夫と私の会話を聞いていたようではありませんか。
プリンターがストライキを起こしたみたいです。
【プリンター購入の条件】
●無線LAN機能のついたもの
夫のパソコンデスクにもプリンターはあります。
ただし、夫のパソコンデスクは寝室にあるのです。
夫はパソコンをリビングに移動して使うことがよくあります。
テレビを見ながらパソコンで仕事をするのです。
よって、我が家に無線LANのプリンターが一台あれば、家中どこにいてもプリントアウトができます。
無線LANのほうが、パソコンとケーブルでつながなくてもいいので、デスク周りがすっきりしていいしねぇ。
というわけで、私の壊れたプリンターは無線LANにすることに決定。
●キャノンのインクBCL321と320が使えるプリンター
替えのインクがまだあります。
無駄にならないよう、このインクが使えるプリンターが望ましい。
●レーベルプリントができるもの
CDやDVDを作るときに使います。
以上の機能があれば十分です。
【価格comで調べる】
現在売れ筋、人気のプリンターは、Canon PIXUS。
5年前に比べてずいぶん安くなっていることにびっくりしました。
5年前に購入したプリンターは15,000円くらいでした。
当時、無線LAN機能のついたものは3万円くらいしたはず。
家電製品ってどんどん機能は充実するのに、安くなるもんなんですね。

もうこの無線LANのプリンターを買うことにします。
残念ながらBCL321などのインクは使えませんが、しかたがない。
機種が新しくなってるんだから、インクもちがうのはしかたがない。
【プリンターが壊れて学んだこと】
1.インクは必要上に買いだめしない
結局、私はインクを4本分無駄にすることになりました。
特に買いだめしていたわけでもないのですが、インクは必要以上にまとめ買いはしないことにします。
2.必要な時が買い時
価格comで、プリンターの価格推移をみると、消費税が5%だった3月末よりも価格が下がっています。
結局増税前の駆け込み消費ってなんだったのかな。
あれにアオラレて、家電製品を買った人もずいぶんいるんじゃないかなぁ。
買い物は、本当に必要なときに買うのが一番価値ある買い方なんだと思います。
3.純正インクを使わないと壊れやすいのか?
ネット上の情報ですが、純正インクを使わないからプリンタがすぐに壊れた・・・という方もいれば、互換性インクを何年も使っているけど、壊れない・・・という方もいます。
私は、いつも互換性インクをネットで購入していますが、今回のプリンターは5年もちました。
5年も互換性インクで大丈夫だったと考えるか、5年しか持たなかったと考えるかは・・・その人の考え方次第でしょうか。
プリンターの機能はどんどんアップしているのに、価格はどんどん安くなっています。
一説には、プリンターは赤字生産しているので、インクで元をとっている・・・なんて聞いたこともあります。
純性のインクがあまりにも高いので、ちょっと納得できる説でもあります。
私は、今までも互換性インクでそれなりにプリンターを使ってきましたので、これからも互換性インクを買うでしょう。

さて・・・
ネットである程度調べましたので、後日近所の家電量販店に出向いて価格をチェックしてきます。
実物をお店で確認し、一番価格の安いところで購入することにします。
たぶん、ネットで買うことになると思いますが。
無線LANのプリンターが1台あれば、家の中にこれひとつでいいですもんね。
スマホからもプリントできるらしいので、いつかスマホになったときには、ぜひ使ってみたい!
・・・と、妄想するガラケーな私です。

タイトルとURLをコピーしました