大学受験費用は50万超!何が無駄だったのか振り返る

スポンサーリンク

「赤本買って」と次男に言われ、そうか、そういう時期か・・・と、長男の大学受験のころを思い出しました。
そろそろ受験にかかる費用も怒涛のように支払う時期が迫ってきています。
9968ec862d78dc89b16fcc412551dbf4_s.jpg
長男が受験するためにいくらかかったのかまとめてみたら、無駄な支払もあったということに気づきました。
次男が受験するさいは、少しでも無駄を減らしたいのですが・・・。


【大学受験にかかった費用のまとめ】
長男が大学受験をしたのは3年前。
わずか3年前なのに、人間の記憶というものはいかに曖昧なのかということを思い知らされます。
いや、現在大学進行形である長男には、お金がどんどん飛んでいき、受験にかかった費用なんて微々たるものだったのではないかとさえ思っています。
3年前の家計簿をみて、大学受験にかかった費用をまとめました。
大学受験にかかった費用
  *クリックで拡大
いやいやいや・・・。
吐き気がしました。
受験だけで50万円以上の支出とは!
当時もかかるお金に嘆いたものですが、今となってはもう忘れているんですね。
かかった費用をみて、めまいと吐き気がしてきました。
【無駄な支出】
今だから言えることですが、当時は初めて経験する大学受験に、なんだか勝手もわからず安易に決めてしまったような感じがあります。
まずは受験料。
センター試験の受験料18,000円を払って終わりかと思っていたら、志望する大学の2次試験の受験料を払わなければなりません。
センター試験は、志望する大学を決めるための第一の関所といったところでしょうか。
センター試験の点数をふまえて、志望する大学の2次試験に臨むわけですが、志は高く自分の成績を顧みないで志望するがゆえ、志望する大学の願書はひとつだけではありません。
複数の願書を取り寄せるのですが、願書だってタダではないのですから、取り寄せた数だけお金はかかります。
また、私立大学はセンター利用受験というものがあり、願書を提出すればその大学の2次試験に出向くことなく、センター試験の点数で合否判定がされます。
なんて便利なシステムなの!?
だったら、あの大学も願書出す?この大学も願書出す?
ってな具合で、長男の言うままに私立大3校5学部をセンター利用受験しました。
これが第一の無駄でありました。
願書を取り寄せるのは、本命の国立大と後期受験する国立大。
そして私立大学1校。
これだけにしておけばよかったと思います。
願書6,220円とセンター利用受験代81,470円はもっと減らすことができた出費でした。
そして、私立大学の入学金。
国立大の合格発表の前に、私立大の入学金の申し込み締切があります。
万が一、国立大が落ちた場合は私立大へ行くことにしていましたので、入学金25万円を振り込みました。
くぅぅぅ・・・。
国立大が合格したからこそ言えるのですが、やっぱり25万円という大金はイタイ出費でした。
これは、無駄な出費というよりは、大学受験の保険とでも言ったほうがいいのかな。
しかたのない出費。
でも、銀行で25万円を振り込み手続きしたときは、震えた・・・・。
ただし、当時はまだネット銀行の存在を知らなかったので、振込手数料を840円支払って入学金を振り込んでいるのです。
この振込手数料は、今ならば無料にできる術を知ってますので、これもイタイ出費でした。
⇒仕送りあと18回!?SBIネット銀行のおかげで2万円を無駄にせずに済んだ話
その他、田舎なので受験のための交通費や宿泊代は多くかかりますが、しかたのない出費です。
ちなみに国立大2次試験のさいは、私も一緒にホテルに宿泊し、長男が2次試験を受けている間、現地の不動産屋へ行ってアパートの契約手続きをしました。
アパートの手続きは、いわば掛けのようなものです。
不合格だったらそのアパートの手続きは無駄になりますもんね。
しかし、幸い良心的な不動産屋さんに巡り会え、合格したらそのまま契約、ダメだった場合は契約を取り消すという段取りまでしてきました。
【センター試験まであと○○日】
次男のセンター試験まであと3か月を切りました。
次男の第一志望である大学の赤本もネットで注文しました。
*赤本とは、各大学の2次試験の過去問がまとめられた本のことです。
次男は私立大は受験しない予定です。
「俺は特に学びたいことがあってそこの大学に行くわけじゃなく、将来やりたいことを見つけるために大学に行く。だからそんなことのためにお金のかかる私立には行かなくていい」
・・・だそうですが、この言葉を聞いたとき、なんて親孝行な息子なの?と思う反面、国立大がダメだったらどうするんだ?という大きな不安も広がりました。
受験ダメだったら、就職に有利になるよう専門学校へ行く・・・なんてことをほのめかしていますが、もし次男が真剣に望むならば浪人もありか・・・?なんて私は思ったりしてます。
次男には言ってませんけどね。
今は、とにかく次男においしいご飯を作って、体調を崩さないように管理することが私の使命だと思っています。
⇒実写版 我が家の食費と晩ごはん
11月に入ったら、次男が志望する国立大3校の願書を取り寄せます。
実は、第一志望の大学よりも第二、第三志望の大学へ行ってほしいと内心願っている私です。
だって、第一志望の大学が・・・・
遠い・・・・。 ←こら!
こんなくだらない理由は、次男には間違っても言えませんが、とにかく今は合格することを願うしかありません。
そして、どんな結果になろうとも、次男が自分で考えて自分で出した答えには、心から応援できるよう、心の準備とお金の準備だけはしっかりしておこうと思っています。
・・・って、なんだか受験がダメになるような文章だな・・・おい。

タイトルとURLをコピーしました