大学にかかる費用 家計から360万円貯蓄から300万円 それでも足りない1年分

スポンサーリンク

今月末、大学の後期授業料を払います。
267,900円・・・。
これで、大学生活の3/4の授業料を払い込んだことになります。
ceda4e1709fb53c461f298935ee7ddf3_s.jpg
あと1/4。
でも、学資保険はついに底をつきました。


【大学生にかかるお金】
仕送り 月10万円×4年間=480万円
授業料 年間535,800円×4年間=2,143,200円
ざっと計算しても6,943,200円。
4年間で約700万円が飛んでいきます。
その他にも、携帯代やネット回線使用料、帰省費用、荷物の仕送りなど、さらには、長男が一人暮らしをするための新生活必需品や引っ越し代、そして大学生協の学生保険代など。
長男が大学生活を送る4年間でかかる費用の合計は、900万円以上だと思われます。
大学生にかかる費用は、本当に1,000万円だったなぁ・・・。
・・・と、どこか他人事のように感じるのは、もはや額が大きすぎて現実としてとらえられないせいかもしれません(汗)。
【大学費用のまかない方】
共稼ぎの我が家の世帯年収は、ごくごく平均的だと思われます。
いや、田舎ゆえに所得は低いかもしれません。
よって、1,000万円という金額を聞くと・・・震えます(笑)。
大学生にかかる費用は1,000万円と聞いても、子どもが小さいうちはどこか他人事で、どこか信じられなくて、きっとその金額は、ただあおっているだけなんじゃないかとさえ思っていたあの頃。
しかし、本当に1,000万円かかるということを、身を持って経験いたしました。
我が家の1,000万円のまかない方は、大雑把に分けると2つのルートがあります。
ひとつは、毎月の収入(家計)からねん出。
もうひとつは貯蓄からのねん出。
毎月の家計からは10万円を仕送りしています。これは家賃と生活費の分。
そして入学金や授業料や、新生活の準備にかかったお金などは、一度にまとまった額が出ていくので、これらは貯蓄からまかないました。
他に、長男はバイトをして月2万円ほどの収入があるようですが、これらは大学のサークル活動や交際費に使っているようです。
長男の学資保険として300万円を貯めましたが、今回の後期授業料でとうとう底をつきます。
仕送り額も3年分で360万円。しかし残り1年分が120万円残っています。
120万円は家計から引き続き出すとしても・・・。
さてさて、残り1年分の授業料および就活にかかるお金、さらには就職して初任給がもらえるまでの生活費や新生活費用など・・・ざっと見積もっても100万円くらい?
うーん。
100万円は定期を解約するしかありません。
学資保険として500万円あれば余裕だったなぁ。
ああ、でも無理ムリ。
若いころに貯めてきたお金は、やっぱり300万円が精一杯でした。
【奨学金と教育ローン】
奨学金は、子どもが借りるお金。
教育ローンは、親が借りるお金。
子どもが希望するならば、叶えてあげたいと思うのが親心。
家計と貯蓄から1,000万円のねん出が無理であっても、奨学金や教育ローンで大学に行くことも可能です。
しかし、我が家はどうしても借りることだけは避けたかったのです。
奨学金も教育ローンも、借金には変わりない。
借金を背負わせずに子どもを社会に送り出したい・・・その一心でありました。
【流れるお金と潤うお金】
今まで一生懸命に貯めてきたお金が、今は滝が流れるように出て行きます。
時々、この滝の流れが怖くなります。
最初は小さな滝だったのに、いつしか日光華厳の滝くらいになるんじゃないかと脅えています。
けれども、この流れも期間限定なのです。
子どもたちが社会人になるまであと数年の、期間限定。
ここを乗り越えれば、流れた滝の先はダムになっていて、少しずつ、少しずつ水は潤っていくのだと信じています。
そして、水が潤うための条件は、健康。
私も夫も、健康第一で仕事をすることができるというのが条件なのですよね。
その健康を築くためのひとつの手段が、食生活だと思っています。
⇒実写版 我が家の食費と晩ごはん
家族が健康で過ごせるためにも、私に課せられた課題は「バランスのよい食事をつくること」なのだと思っています。
毎日ごはんを作るのめんどうだな~・・・なんて思いながら、今日もやっぱりごはんを作る。
これでいいのだ・・・と思っています。
しかし・・・。
日光華厳の滝は、あと2つあるのです。
次男に長女。
嗚呼・・・。
我が家の滝がダムになるのは、まだまだ遠い・・・。

タイトルとURLをコピーしました