国民年金保険料を安くする最強の方法 カード払いの辞退も忘れずに

スポンサーリンク

国民年金保険料クレジットカード納付の手続き完了のはがきが届きました。
大学生の長男が納める国民年金保険料です。
DSC03404.jpg
国民年金保険料の納付は法律により義務付けされています。
ならばしかたがない。
まだ学生である長男の保険料は親が立て替えしてあげようではありませんか。
このエントリーをはてなブックマークに追加


【国民年金保険料を安く支払う方法】
私は国民年金保険料を納めたことはありません。
私が学生のころは、保険料の納付はまだ義務付けされていませんでしたから、うちの親は支払っていなかったのですよね。(汗)
22歳で就職した私は、厚生年金保険料をずっと支払ってきました。支払ってきたといっても、給料から天引きされるので、当時は支払っているという感覚すらなかったのですが。
大学生の長男が今年20歳になり、国民年金保険料を支払うことになりましたので、ここはいろいろ調べまくりました。
1円でも安くお得に支払う方法はないのかと(←すごい必死)。
そして私がたどりついた方法は、1年分前納クレジットカード払いというものでした。
⇒3,200円と1,772Pのお得 国民年金保険料の払い方
1年分を一括前納。これだけでも3,200円もお得。
さらに数年前から国民年金保険料はクレジットカード払いもできるようになったので、これを利用しない手はありません。
楽天カードで支払うと1,772Pもついてくるのですから。



クレジットカード払いにするには、お近くの年金事務所に問い合わせをして、手続き用の用紙を送付してもらいます。
来年度の支払いは来年の2月中に手続きを完了しなければなりませんので、お早目に。
【クレジットカード払いの辞退】
さてさて、長男が無事に大学を卒業し就職したさいには、おそらく会社で厚生年金加入となるので、国民年金の支払いはストップとなります。
今は基礎年金番号制度となり、国民年金と厚生年金は社会保険庁で一括管理されるようになりました。
よって、国民年金から厚生年金に代わっても個人でも届出は不要となっています。
が!しかし!
長男が卒業する前には、翌年の国民年金のクレジットカード払いはストップする必要があります。
年金事務所から「クレジットカード払い辞退用紙」をすでに送ってもらっています。
私が始めたクレジットカード払いですから、ストップするのも責任を持ってやりたいと思います。
社会保険庁で一括管理されるので、国民年金と厚生年金の保険料が二重支払になることはないと思うのですが・・・。
どこかの誰かが国民から集めた保険料を横領して、外国に逃げるなんてこともある世の中。
自分のお金は自分でしっかり管理しないとねぇ。
長男の国民年金保険料を立て替えた分は、出世払いということできちんと返してもらうことにしております。
でもでも・・・きっと長男から返してもらったお金は、長男のために貯金するんだろうな・・・。
親ってそんなもんなんでしょうね・・・。

タイトルとURLをコピーしました