光熱費でわかる?長男の暮らし方

スポンサーリンク

大学3年生になった長男。
無事に進級できたようでなによりです。
DSC04782.jpg
長男への仕送り額は、卒業するまで同じ額で行く予定ですが、年間の光熱費はどうなっているのかしら。
というわけで、大学1年のころとの光熱費を比べてみました。


【大学生 一人暮らしの光熱費】
大学生になって一人暮らしをする長男と話し合って、光熱費を決めました。
あ・・・、ちがうな。
話し合って決めたわけではなく、私が勝手に算出したのですが。
長男の住むアパートは、六畳一間にキッチン・トイレバス別。
光熱費の予想としては一か月あたり
●電気代 3,000円
●ガス代 3,000円
●水道代 2,000円
と考え、それに+αとして月1万円としました。
このとき想定していなかったのが、NHK受信料。
アパートに入居してまもなく、しっかりとNHKから受信手続の係りの方がやってきて、長男は手続きをした模様。
学生だと受信料は半額で済むのですね。
そんなわけで、NHK受信料も含めた光熱費は、月に1万円の予算でちょうどよくなりました。
【光熱費の推移】
光熱費
最近から9か月さかのぼっての光熱費です。
冬の暖房はエアコンなので、どうしても電気代が高くなりますが、これはしかたがないですね。
ガス代は、冬にちょっと高め。
家にこもることが多くなるからかな・・・?
水道代は季節に関係なく、大きな変動はありません。
夏でも冬でもシャワーだと、長男は申しておりました。
光熱費+NHK受信料は、一か月あたり7,000円ちょっとなんですね。
以外にかかっていません。
こうやって光熱費の推移をみると、長男もそこでちゃんと暮らしているんだなぁ・・・なんて、しみじみとわかったりします。
あ、4月以降のNHK受信料が値上がりしている!
なんてこともわかったりします。
NHK受信料も消費税増税の対象だったのね・・・。
なんて、いま、ここで判明したりもします(笑)。
【光熱費で暮らし方がわかる?】
昨年も、長男の光熱費のことを記事にしておりました。
⇒大学生一人暮らしの光熱費 いくらの予算を組んだらいい?
それと比較してみたら、長男がいかにアパートで料理をしなくなったかというのがよくわかります。
いや、今の状態がふつうなのであって、入学当時はどんだけはりきって自炊をしていたんだよ!というつっこみを入れたくなります。
電気代も1年前と比べて安くなってるな・・・。
ヤツはアパートに住んでいるのか・・・?
友達のところ・・・もしくは彼女のところに入り浸ってるんじゃないのか・・・?
などという疑惑も膨らみます。
光熱費の推移をみているだけで、妄想が膨らむ母なのでした。

タイトルとURLをコピーしました