仕送りあと18回!?SBIネット銀行のおかげで2万円を無駄にせずに済んだ話

スポンサーリンク

お給料が振り込まれると、まずは長男への仕送り10万円を口座に振り込みます。
振込先は私名義の銀行口座。
あとは、銀行が自動的に大家さんへの家賃振込と、長男への生活費を分けて送金してくれるのです。
DSC06211.jpg
もちろん日付指定の自動振替。
これで家賃を振り込むのを忘れることがありません。
しかも振込手数料は無料だし。


【他行振込手数料が積み重なると】
長男が大学へ入学する年の3月、アパートの家賃を振り込みました。
振込先は、大家さんが指定する都会の銀行口座。
もちろん田舎には、そんな都会のシャレた銀行はありませんので、地元の銀行からシャレた銀行へ第一回目の家賃を振り込みました。
他行振込手数料420円!!
た、高いよ~。
これから4年間、毎月振り込むたびに420円かかるなら、4年間では2万円を超えることになります。
⇒無駄な支払はしたくない 振込み手数料は無料に限る
そんなとき、友人から教えてもらったのがすみしんSBIネット銀行でした。
【他行振込手数料が無料】
すみしんSBIネット銀行は、月に3回まで他行振込手数料が無料なのです。
4回目からは手数料がかかりますが、それでも1回154円。
安いと思います。
毎月、お給料が振り込まれると、10万円をすみしんSBIネット銀行に入金します。
大家さんへの家賃は、都会のシャレた銀行へ。
長男の生活費は、長男名義のゆうちょ口座へ。
振込日を指定しておくと、2つの口座への振込を、SBIネット銀行が自動で行ってくれます。
他行振込手数料って、たいていの銀行は1回500円くらいなのですが、これが無料だなんて、SBI銀行さまさまです。
特に田舎に住んでいて、子どもが遠くの大学へ進学した場合には、絶対に持っていて損はないSBI銀行口座だと思います。
【振込はゆうちょATMで】
SBIネット銀行への入金は、SBIキャッシュカードでゆうちょのATMからやっています。
最初のころは
①SBI銀行へ家賃分を入金
②長男のゆうちょ口座へ生活費を入金
という、2度の作業を行っていましたが、月3回までは他行振込手数料が無料なので、10万円を1回でSBI銀行へ入金しています。
自分の作業は1回のみで、あとはSBI銀行が家賃と生活費を2箇所の口座に振り込んでくれるので、ほんとに助かります。
SBI銀行を知らなければ、大学4年間で2万円を無駄にするところでした。
SBI銀行を教えてくれた友人に感謝です。
さてさて、長男への仕送りもあと1年半。
18回振り込めば、終わるのかしら?
18回で終了となることを、切に願います。

我が家の食費と晩ごはん
⇒玉ねぎドレッシングがウマすぎて市販のものを買わなくなった

タイトルとURLをコピーしました