今月の食費反省会 

スポンサーリンク

今月の食費を締めました。
予想通りの予算オーバーです。
DSC06527460.jpg
あらためて思いました。
健康で長生きせねば・・・。
夫よりも1日でも長生きせねば・・・。


【食費は節約しやすい】
主婦にとって食費は一番節約しやすい部分だと思うのです。
手をかけた分だけ、食費は目に見えて減っていきます。
長男が家にいたころ、我が家は5人家族で毎月の食費は8万円~10万円近くかかっておりました。
外食もよくしました。
ちょっと出かけて遅くなった日には、お弁当やお惣菜をよく買いました。
休みの日はさらに何もやりたくなくて、昼も夜も外食するなんてこともありました。
長男が大学生になってから、私の意識は180度変わりました。
節約せねばという意識が芽生え、ちょっとだけ工夫するようにしたら、みるみる食費が減っていきました。
食料品のまとめ買い、家にあるもので何かを作る・・・そんなことは今では当たり前のようになりました。
料理のレパートリーもずいぶん広がったと思います。
食材は無駄にしない、買ったものは最後まで使い切る、在庫をしっかり管理する。
それだけで食費は月に2万円減りました。
【今月の食費反省会】
今月の食費をまとめました。
⇒10月の食費内訳
今月は、54,754円。
予算は5万円なので、5,000円近くのオーバーです。
理由は明確。
外食費として夫へ渡した分なのです。
2日間東京へ行って不在だったので、この間夫と次男が留守番をしておりました。
2日間の食事代として4,000円を夫に渡しました。
1人1日1,000円の計算です。
夫に渡した4,000円は外食費として計上しました。
高いよっ!
ふだんは4人で1日1,000円くらいで生活しているのですからね。
⇒1週間の晩ごはん 10月15日~10月20日
しかし、哀しいかな。
夫はほとんど料理はしません。
よって、私が家をあけるときは、外食費として1日あたり1,000円を渡すのです。
ああーーーっ。もったいなっ!
でもね、私も羽を伸ばしているのですから、これくらいの夫への出費はしかたがないと思っています。
もちろん出かける前日はカレーをたくさん作るという小手先のワザは忘れません。
そして今回もつくづく思ったのです。
私、病気できないな。
入院なんてしてられないな。
夫より先に死ねないな。
子どもたちが全員社会人となるまでは、健康で元気で家計管理をしなくてはいけないなぁ・・・。
さてさて、楽しかった劇団四季の思い出を頭の中に描きながら、また現実をしっかりみつめて歩いていこう。

タイトルとURLをコピーしました