中学校の吹奏楽部にかかったお金は高いか安いか?そんなことはどうでもいい話

スポンサーリンク

中学3年生の娘の部活動も終わりました。
娘の中学の吹奏楽部は、他の運動部などに比べて3年生の引退時期がちょっと遅め。
c89df0f05313e649bc0cecb6be1fddd5_s.jpg
「大変だー」「忙しいー」と何度も言っていた娘ですが、いざ終わってみると
「今度から、(学校から)帰ってきたら何しようかなー」
だって。
さてさて、公立中学校の吹奏楽部にかかったお金をまとめました。


【公立中学校 吹奏楽部でかかったお金】
娘の中学校は、公立。
部活の規模としては、大編成が組める程度の人数はいます。
今年は、全県大会に出場できましたが、毎回常連校となるにはほど遠い・・・ってな感じのレベル。
そんな公立中学校で、吹奏楽部にかかったお金をざっとまとめてみました。
●部費 年間 24,000円×3年間=72,000円
●備品費用 13,450円
合計 85,450円
DSC01417.jpg
娘はクラリネットを吹いていますが、これに関する備品がけっこうかかりました。
リード、マウスピース、マウスピースパッチ、クリーニングスワブなどなど。
それって何?なんて聞かないでください。
クラリネットを吹けない私が知るわけがありません。
部費と学校からの補助で、楽器の修理や大会遠征のバス代などをまかなっていたので、部費以外に特別徴収されたことはありませんでした。
しかし、学校にある楽器はかなりボロボロ。
なので、自分で楽器を買う生徒もおります。
娘も1年生の頃、クラリネットが欲しいと言い出して、自分の貯めたお小遣いから半分、残りは私が出して買いました。
買ったクラリネットは、普通に買うと9万円くらいしますが、ネットのアウトレットショップで買いました。
お店に展示していたクラリネットなので、多少の色あせがありましたが、新品同様で68,140円。
色あせといっても、黒いクラリネットがブラウンになっていて、私からすればとってもかわいい色だと思いましたけど・・・。
こんな感じで、中学校の吹奏楽部でかかった費用は、約15万円
これってどうなんだー。
高いのかどうなのか、もはやわからないよ~。
しかし、全国大会出場するような吹奏楽部の強豪校は、年間ン十万円という負担があるとも聞きます。
中学校の吹奏楽部にかかる費用は、結局のところ学校によりけり、強さによりけり、ピンキリってところでしょうね。
【子どもがやりたいことをやらせてあげたい】
学ぶことに関して、子どもがやりたいと思ったものは基本的にやらせてあげたいと思っています。
もちろん、あちこち手をだして、全部中途半端でやめてしまうことのないよう、何かを始めるときにはちゃんと子どもの意見を聞いて、本当に必要なものなのか考えなくてはなりません。
子どもが「右に歩いていきたい」と言ったとき、親の都合でそれをあきらめさせたくないのです。
分岐点があったら子どもが自分で考えて道を決めて、それを応援するカタチをとりたい。
もし、経済的に無理であれば、そのこともきちんと子どもに伝えて、一緒にどうするべきか考えたいのです。
これも、世の中なんでも思い通りにはいかないということを学ぶよい機会になると思います。
親はみんな子どもの幸せを一番に思っているのです。
中学校の吹奏楽部にかかったお金が高いか安いかなんて、娘が充実したときを過ごせたのなら、お金なんてどうでもいいのですよ。
(いや、どうでもよくはないけど・・・)
さて、部活が終わって放課後はすぐに帰宅できるようになった娘。
「あ~。これから時間がいっぱいできるー。」と喜ぶ娘。
そうだね、そうだね、これからは受験にむけて勉強しなくちゃね。
と、心の中で応援する私の気持ちを知ってか知らずか、娘が続けた言葉。
「今度から学校から帰ってきたら、ギターの練習をするぞー!」
おい!受験生!!
うぬぬぬぬ・・・。
子どもがやりたいギターを応援すべきか否か・・・、ビミョーに悩む・・・・。

9月2日更新
我が家の食費と晩ごはん
⇒1週間の晩ごはん 8月26日~9月1日

タイトルとURLをコピーしました