センター試験まであと4か月 子どもが追い詰められているときにかけたい言葉

スポンサーリンク

最近、ことあるごとにため息をつく次男。
わかってる、わかってるよ。
あなたのため息の原因を。
f6dcfc6cb406eaaa16f05a0a28a7de31_s.jpg
ため息を聞くたびに、私もついついいろんなことを言いたくなるけれど、ここは我慢、がまん・・・。
がまんしたいけれど、ついつい言っちゃった。


【受験まであと○日】
センター試験まであと4か月を切りました。
センター試験の申込用紙もきました。
いろんな意味で、周りからじわじわと範囲を狭められているような気がします。
「あ~あ・・・。」
次男は、私と二人きりになると、必ず大きなため息をつきます。
お父さんや妹の前では決して出さないため息を、私の前では大きく何度も言うのです。
そのため息を聞くと、私も心がギューッとなります。
痛いほど、そのため息にこめられた言葉が伝わってきます。
将来、何になりたいかも決まっていない。
自分はどんなことに興味があってどんな勉強をしたいのかもわからない。
だけど、大学には行きたい。
ようやく志望する大学が決まったときには、現在の自分の学力ではちょっと厳しい。
かといって、レベルを落として他の大学に行くのもいやだ。
高校1年のときからもっと勉強しておけばよかった。
でも、今からではとても間に合わない。
でも、やるしかない。
そんな気持ちが交差して、大きなため息となって出てくるのが、嫌と言うほどよくわかります。
【目的を持って大学へ行く】
今の次男は、大学に合格することが目的となっているような気がします。
いや、その目的がなければ何も始まらないのですが、その先の目的を持たないとダメだと思うのです。
大学に入ったら、こんなことを学びたい。こんな活動をしたい。
大学での目的を持たないと、入ってからの意味を見出せず辞めてしまうような気がしてなりません。
次男に聞いてみました。
何のために大学に行くの?と・・・。
「おれは将来何になりたいかも決まっていない。わからない。
だから自分のやりたいことを見つけるために大学に行くんだ」
そう答えた次男。
そうか、そんな理由もありか・・・。
次男が大学に行きたいと言っているのだから、それを応援するしかないのですよ。
それが親というものです。
【落ち込んでいるときにかける言葉】
「あ~あ・・・」
次男がため息をついたとき、ついつい説教をしてしまった私。
だから、高校入ったとき言ったでしょ。
1年のときからきっちり勉強していないと、高校3年間はあっという間だよって言ったでしょ。
自分が行きたい大学ができたとき、入れなくて困るって何度も言ったでしょ。
ああー。
こんな過ぎたことを言ってもどうしようもないのに、何度もため息を聞くのが嫌で、言ってしまったんです。
「ああー!もう!うるせーよ!」と、次男。
だったら私の前で何回もため息つかないでよ!
「ため息くらいついたっていいだろ!受験前は誰だってそうだよ!」と、次男。
ごめん、次男。
大人げないのは私でした。
次男だって、いつでもどこでも誰の前でもため息をついているわけではないのです。
私の前だけでため息をつくってことは、ストレスのはけ口を求めているんですよね。
ほんとに、ごめんよ、次男。
さてさて、子どもがこうしたストレスのサインを出したとき、親はなんて言ってあげたらいいのでしょう。
おれはこんなに今大変なんだよ、つらいんだよ・・・というサイン。
きっと、励ましの言葉は逆効果。
かといって、聞こえないふりも逆効果。
「あ~あ・・・。」
と、次男が言ったら、
「どうした?ため息なんて」
と、現状をありのままに聞くのが一番なのではないかと思うようになりました。
ため息をついている現実を認めてあげることで、親がちゃんとあなたのことを受け止めているんだよ、ということを子どもが実感できる。
その先の話は、子どもが言いたければ何かを話すだろうし、言わなければそれ以上聞かない。
それでいいんじゃないかな。
結局、勉強するのも次男。受験に向かうのも次男であり、自分でなんとかするしかないのですからね。
いろいろ言いたいことは山ほどあります。
大学の第一志望を変えたら?
もしダメだった場合はどうするの?
その先のことをちゃんと考えているの?
そんな言葉を呑み込んで、今度次男がため息をついたら聞いてみます。
「どうしたの?ため息なんかついて」
次男、なんて答えるかな・・・。
あ~あ・・・。
ため息をつきたいのは、私のほうなんですけどね・・・。

タイトルとURLをコピーしました