クレジットカード払いであわてない家計管理のしかた

スポンサーリンク

家にいながら欲しいものはほぼ手に入る時代です。
ネットショッピングは、私たちの生活を本当に便利なものにしてくれました。
P1050371.jpg
ネットで購入するものは、クレジットカード払いにしていますが、商品が手に届いてから、代金を支払うのは1~2か月後。
カードから引き落としされます。
しかし、クレジットカード払いの管理をしっかりしていないと、あとで請求された金額をみてびっくり!なんてことに・・・。
そうならないためのあわてないクレジットカードの管理のしかたについて。


【受け取ったら支払う】
欲しいものを手に入れたらそれに見合う対価を支払うこと。
太古の時代、まだ貨幣など存在しない大昔でも、物々交換として、それは行われてきました。
お店で買ったらお金を払う。
これ、当たり前ですよね。
ネットで買ったものが届いたら、お金を払う。
宅配業者の方から、代金引換で品物を受け取っているわけではありません。
代引き手数料なんて馬鹿らしくて払ってられないですからね。
後日、郵便局や銀行へ振込みにいっているわけでもありません。
勤務中は支払にいくことが困難だったりしますから。
ネットで買ったものは、楽天カードのクレジットカード払いにしています。
カードのポイントも貯まるので、大変お得です。
そして、自宅に品物が届いたら、カード引き落としの請求書とともに現金を袋に入れてしまいます。
DSC06546.jpg
そうなのです、私の場合は支払う先は、セルフ式100均チャック付袋なのです。
完全に自己管理です。
【カード引き落とし案内メールが届いたら】
毎月1度、楽天から引き落とし案内メールが届きます。
今月の引き落とし金額は○○円ですよ・・・っていうお知らせ。
ネットで明細を確認したら、100均の袋に入れられた請求書がきちんとあるか確認します。
請求書が入っているということは、すでに私はセルフ式袋に支払っているということなのです。
あとは、そのセルフ式袋からお金を取り出して、引き落としされる金額の合計額をそろえます。
その合計金額のお金は、いったんゆうちょのATMから自分のゆうちょ口座に入金します。
ゆうちょのATMの優れているところは、1円の果てまでの硬貨が振込できるってところ。
楽天クレジットカードから請求された金額を1円単位まできっちりしっかり振り込みます。
あとは自宅のPCで楽天銀行のHPへアクセスし、ゆうちょ口座から指定した金額を楽天銀行に入金操作をします。
ゆうちょ口座を楽天銀行に登録しておくと、手数料無料で振込操作ができるのです。
これで完了。
1円きっちりまでも狂うことなくクレジットカード払いができました。
⇒楽天銀行の不満解決 入金は1円から手数料無料
商品が届いたら、その都度お金は支払っているのと同じなので、月に1度のまとまった請求にもあわてることなく、きっちりお金の管理ができるのです。
クレジットカード払いは、お金を使っているという感覚がなくなって、あとで多額の請求がくるから怖い・・・というおっしゃる方もおりますが、商品を受け取ったらお金を払うだけ。
その払う先が、お店ではなく自分で別に分けて管理さえできれば、ちっとも怖いことなんてありません。
クレジットカードが怖いのではなく、自分でお金の管理ができないことが怖いのですよね。



【クレジットカードを賢く使う】
クレジットカードから指定された日に引き落としができないと「延滞」となります。
ちょっとくらい延滞しても、あとでちゃんと払えば大丈夫・・・だなんて思っていませんか?
延滞は、3か月以上続くとブラックリストにのるんだそうです。
ブラックリストは5年間記録として残るので、この間は新しくカードを作ることもローンを組むこともできなくなります。
商品を手に入れたら、お金を払うという当たり前のことを自己管理することで、クレジットカード払いはポイントも貯まるしほんとにお得。
貯まったポイントで、次に買うときはポイントを使って購入できるので、さらに安く買うこともできますしね。
ネットで買い物をするときは、その商品を買うのに必要な現金が手元にあること。
これが私のクレジットカードを使った買い物の、家計管理のしかたです。

タイトルとURLをコピーしました