オトナAKBならぬオトナアレルギー性紫斑病

スポンサーリンク

アレルギー性紫斑病じゃないの?
とも思いましたが、これってほとんど子どもがかかる病気なのですよね。
じゃあ、いったいこれはなんなのさ!
DSC06213.jpg
・・・と、いきなり足の画像ですみません。
かゆくて掻いたので、一部皮膚の掻きこわしがありますが、点状出血にみえなくもない・・・。
変な発疹が出てきて困った私の記録です。


【アレルギー性紫斑病】
10歳くらいまでの子どもに多くみられますが、まれに大人でもかかります。
何かのアレルギー反応によって、血管が炎症をおこし、皮膚の表面に点状出血や紫斑となって現れる病気です。
これが消化器系で炎症がおこると、強い腹痛や吐き気を伴い、腎臓に炎症が起きると腎炎になったり、さらには関節痛や手足のむくみなんかも出る場合もあります。
上気道感染後に発症することもしばしばあり、ウィルスや細菌が引き金になっているという説もありますが、食べ物や薬、さらには虫さされなども関係するのだとか。
一種のアレルギー反応なんですよねぇ。
腹痛や関節痛など強い痛みがなければ、特に治療をせずとも自然に治ります。
【症状と経過】
私の場合です。
1日目、右腕に軽度のかゆみを覚え、みると2~3mmくらいの少し赤く不定形な大きさの膨瘤疹が、右腕全体にあり。
典型的なじんましんとはまた違う感じ。
1時間後には反対の腕にも同じような発疹出現。
2日日、赤みも引けいったん落ち着いたかのようにみえましたが、腕にさわるとでこぼこした感触。
4日目、膝下全体に1mm程度の赤い発疹。かゆみ軽度。
6日目になっても、膝下の発疹は消えず、皮膚を圧迫しても赤みが消えないので、これは点状出血なのではないかと思い始める。
腕の発疹も、増えず減らず。
7日目、腹部に点状出血発見。
DSC06203.jpg
↑ごめんなさい、腹の画像なんか出してしまって・・・。
ざっと見た限り腹部に5~6個は点状出血あり。さほど多くはないけれど、これは確実に点状出血です。
さらに夜になって、首の周囲にじんましん出現。
これはボコボコとした典型的なじんましんで、かゆみも伴う。
8日目、病院受診。
採血、尿検査、アレルギーの内服薬を処方していただきました。
とりあえず、私の身体の中ではなんらかのアレルギー反応が起こっていると考えられます。
【診断】
結局、診断名ははっきりせず。
血液検査の結果待ちです。
私は、アレルギー性紫斑病だと思うんだけどなぁ。
典型的な出血斑ではないけれど、子どもに多い病気に大人がかかると、非典型的な症状であってもおかしくありません。
思い当たることは、症状が出る10日前にめちゃくちゃ蚊に刺されたこと。
10年間飼っていた金魚が死んじゃって、庭に穴掘って金魚のお墓を作ったのです。
このとき、足を何か所も刺されました。
ぜったい、このときの蚊のアレルギー反応だと思ってます。
ちなみにデング熱ではありません。
だって熱は出てないですからね。
今まで蚊にさされても、なんともなかったのに、やっぱり歳ですね。
抵抗力、免疫力がすべて衰えてきていて、アレルギー反応が出るんですね。
もう医師がはっきり診断しなくても、自分の病名は自分でつける。←それでいいのか
私は、子どもが主にかかる病気に、大人になってからかかりました。
診断名
オトナアレルギー性紫斑病です。
オトナAKBの方は、卒業しちゃったけどね・・・。
くだらないお話につきあっていただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました