だからおうち焼肉はやめられない 安くておいしい一工夫

スポンサーリンク

お店で食べる焼肉はおいしいですね。
主婦にとっては、後片付けがいらないってところもポイント高い。
でも、中高生の食べ盛りがいる我が家にとって、お腹いっぱい満足するだけ焼肉を食べたら、いったいいくらかかるのだろう。
DSC04751.jpg
おうちでもおいしい焼肉が食べられる一工夫です。
ちょっとの手間で、安くておいしい焼肉が食べられるのなら、どんな手間でもかまいませんっ。


【焼肉下準備】
●タレを作る
市販の焼肉のタレでもおいしいですが、自分で作るとこれがすごくおいしいんだな。
最近はまっているのは、塩ダレと醤油ダレ。
2種類のタレを出すと、なんだかお店っぽくて家族のテンションも上がります。
DSC04736.jpg
Cpicon 自家製焼肉のたれ by 白玉あんみつ
Cpicon 焼き肉に!野菜炒めに!万能ネギ塩だれ♪ by トイロイロ
↑これを参考にしていますが、あとは自分ではちみつやレモンを入れて好みの味にしています。
●肉の下準備
DSC04745.jpg
以前は、買ってきた肉をそのままホットプレートで焼いていましたが、お店で食べる焼肉って、肉がなにかでコーティングされていますよね。
焼肉のたれをもみこんでもいいのですが、焼くとあまりにも煙が出て目がしょぼしょぼするので、それはやりません。
買ってきた肉には、ごま油とすりおろしたにんにくをよ~くもみこんでおきます。
これだけで、香ばしく深い味になり、まるでお店で出てくるようなお肉になります。
安いお肉でも、グッとグレードアップします。
DSC04739.jpg
牛カルビの他に、牛バラ。
DSC04742.jpg
豚バラ肉と豚もも肉。
DSC04743.jpg
鶏軟骨。
すべての肉にごま油とにんにくをもみこんでおきます。
そのまま常温でおきます。
冷蔵庫に入れると、肉の中心部になかなか火が通らないので、焼いているうちにかたくなってしまうのですよね。
DSC04748.jpg
あとは・・・お店っぽく、サンチュと白髪ねぎとキムチ。
DSC04749.jpg
これで準備完了。
あとは冷蔵庫の中にある玉ねぎやしいたけやウィンナーや。
なんでも焼けるものは焼いて、冷蔵庫の中の一掃処分をします。
【ちょっとの手間で本当においしい】
DSC04754.jpg
牛バラはさっぱりとネギ塩ダレで食べる。
DSC04756.jpg
サンチュと白髪ねぎ、キムチを巻いて一緒に食べる。
うますぎっ!
あ・・・、ホットプレートは網になっているもののほうが、脂が落ちて肉がおいしく焼けます。

↑我が家のホットプレート。
これでたこ焼きも作ります。

肉の下準備と、タレを手作りするだけで、お店のようなおいしい焼肉が食べられます。
いやいや、値段を考えたら、もう外で焼肉は食べられませんって。
ちなみに、この日のお肉だけのお値段は1,550円也。
4人で食べてお腹いっぱい大満足でありました。
1人前だと400円かからないお安さ。
4人でお店で焼肉を食べたら1万円近くいくもんなぁ・・・。
だからおうち焼肉はやめられないっ!
もちろん家の中には、相当焼肉の匂いがこもりますので、換気扇をガンガン回して、窓を開けての焼肉です。
食べたあとは空気清浄器がヴオン、ヴォンとフル稼働しています。
テーブルやその下もしっかり拭くと、翌日にはかなり匂いはなくなっていますが・・・
この辺の後片付けが、ちょっと大変なおうち焼肉でもあります。

タイトルとURLをコピーしました