お風呂の重曹 入浴後は楽々お掃除で一石二鳥

スポンサーリンク

家族の中で一番最後にお風呂に入った日にやる儀式があります。
DSC06061.jpg
お風呂のグッズを全部浴槽に沈めること。
そしてお風呂から出ます。
お風呂掃除がぐーんと楽になります。


【重曹のお風呂で掃除もする】
重曹にすっかりはまりました。
お風呂も、もちろん重曹を入れてます。
⇒家にいながら美人の湯 重曹で効果のあったこと5つ
お風呂の残り湯で、バスタブやお風呂の壁を掃除していますが、浴槽に入れられるお風呂グッズをすべてつけておけば、翌日ササッと掃除するだけで、きれいになるので大助かり。
これは私がその日家族の中で最後に入浴した日にやるワザです。
週に1度か2度。
重曹のお風呂につかって、さらには残り湯を掃除に使えるなんて、一石二鳥ではありませんか。
DSC06062.jpg
100均で購入したブラシ。
これ、ブラシの上の部分に洗剤を入れて使えるスグレモノですが、洗剤なんて入れなくてもいいもんね。
お風呂の残り湯が重曹であるので、これが洗剤代わりになります。
残り湯につけておいたお風呂のイスや洗面器や、排水溝のパーツの果てまですべてブラシで簡単にこするだけできれいになります。
さらに、重曹って消臭効果もあるので、排水溝の嫌な匂いもしません。
【最近の我が家の美人の湯】
重曹って無臭です。
なので、お風呂に入れて入浴剤として使うには、ちょっと物足りない。
以前、アロマオイルを数滴プラスして入浴したところ、身体がかゆくなったことがありました。
私は柑橘系の香りが大好きで、重曹のお風呂にもオレンジなどのアロマオイルを入れていたのですが、お風呂上りに身体がピリピリするようになりました。
柑橘系のアロマオイルは肌に刺激になることもあるということを知り、それ以来お風呂に入れるのは控えておりました。
ん~~~。
でもやっぱり物足りない!
今は、重曹のお風呂に柑橘系のアロマオイルを3滴入れて、大好きな香りに包まれてお風呂に入っています。
以前、アロマオイルを入れていたときは、10滴くらい入れていたのですよね(汗)。
なんか、入れれば入れるほど香りが長続きするかと思ってまして・・・。
10滴も入れたら、肌にも刺激になりますって。

重曹のお風呂で香りも楽しみたい方は、アロマオイルは3滴程度入れることをお勧めします。
これなら肌がピリピリすることもありません。
重曹の残り湯でお風呂がきれいになって、さらには自宅で美人の湯につかりながら大好きな香りでリラックスする。
これぞ、究極の快適バスタイムです。
ちなみに・・・
最初の画像で、「お風呂のフタ短くね?」とお気づきになった方はいますか?
この続きはまた後日・・・・。

タイトルとURLをコピーしました