お風呂の湯垢と水垢 重曹+お酢でダブル効果

スポンサーリンク

お風呂の洗面器やイスがザラザラした感じ。
これは、湯垢なのか?水垢なのか?
DSC04162.jpg
長年の蓄積した汚れは、お風呂用洗剤でも塩素系漂白剤でも、はたまたメラミンスポンジでゴシゴシこすってもとれません。
今回はお酢と重曹でお掃除してみました。
酸とアルカリのダブルパワーです。
ん?
酸とアルカリをダブルで使ったら、中性洗剤になる・・・?


【お掃除は重曹+お酢がいいらしい】
重曹LOVEクラブに入っていますので(勝手に命名・自己加入)、重曹の効果は重々承知しております。
キッチンのガンコな油汚れや焦げ付きが、重曹でスルリと落ちたときから、重曹のトリコになってしまいました。
⇒重曹パワーはすごい!長年の焦げ付きがスルリと落ちた
もうね、なんでも重曹。
キッチンから洗面所からお風呂場、我が家の水回りには必ず重曹が待機しております。
DSC03947.jpg
空いた洗剤容器に、重曹水を作って入れています。
ぬるま湯250mlくらいに重曹大さじ1杯程度。
水では重曹は溶けませんし、熱いお湯では重曹がブクブクと泡立ちますので、ぬるま湯がいいです。
さて、その重曹。
ガンコな汚れには重曹ペーストが効果を発揮しますが、このペーストを作るときに、重曹+少量の水ではなくて、お酢でペーストを作るといいよ!という話を聞きました。
ここで疑問。
重曹ってアルカリ性でしょ?
お酢は酸性。
2つを混ぜたら中性になる?
【掃除を制するには汚れの種類を知る】
家庭内の汚れの種類には、おおまかに分けて酸性のものとアルカリ性のものがあります。
酸性の代表→油・脂汚れ
アルカリ性の代表→水垢(水道に含まれるカルシウム成分)
酸性の汚れには、アルカリ性洗剤を
アルカリ性の汚れには酸性洗剤を使うことで、その汚れが分解・中和できるんですね。
だから、一般的なお掃除用洗剤は、台所用、お風呂用、トイレ用などなど、使用場所によっていろんな種類のものがあるのかぁ!今更ながら納得。
その汚れの性質を知ったうえで、それに合った洗剤を使えば、汚れもきれいにスッキリ落ちるというわけです。
【湯垢と水垢】
お風呂場に存在する汚れは、湯垢と水垢。
お湯の汚れが蓄積して湯垢になり、水の汚れがたまって水垢になるんだから、汚れの元は同じでしょ。
・・・と、思っていたら、実はちがう性質を持った汚れ。
湯垢は、主に酸性。石鹸カスや身体の脂などが水道の成分と混ざって蓄積されたものなので、アルカリ性も含まれるとか。
水垢は、アルカリ性。水道水に含まれるカルシウムが主な原因。
うーーん。
とどのつまりは、お風呂場の汚れには酸もアルカリも存在するわけですね。
だからお風呂用洗剤は中性洗剤が多い。酸にもアルカリ性にも効くようにってことですね。
ならば、重曹とお酢を混ぜちゃえばいいんだ!
DSC04152.jpg
画像じゃちょっとわかりにくいのですが、お風呂のイスはうっすらと黒ずんだ湯垢?
表面はザラザラしています。
【お酢+重曹は最強だ】
重曹と少量のお酢でペーストを作れば、これはもう最強の汚れ落としになります。
DSC04156.jpg
洗面器に重曹を入れて、そこにお酢を入れると・・・
じゅわわわわぁぁぁぁって感じで、重曹がブクブクと騒ぎ出しました。すごい!
酸塩基反応だ!
DSC04155.jpg
お風呂のイスに重曹お酢ペーストをぬりぬり。
水垢なのか湯垢なのか、わからないので、重曹お酢ペーストでどちらの汚れにも効果がありますように。
スポンジでこうすると、今までどんな洗剤でも落ちなかった汚れが落ちた!
DSC04159.jpg
画像じゃ伝わらないけど、お風呂のいすがツルツルになりました。
10年以上使ってきて、買い替えようかと思っていましたが、表面が見事ツルツルになってよかった~。
これで買わずに、しばらく使えます。
DSC04161.jpg
洗面器もピカピカツルツルになりました。
ちなみにお風呂の鏡の汚れは、水垢が原因。
重曹+お酢のペーストをスポンジにつけて拭いたら、きれいになりました。
DSC04186.jpg
我が家の重曹はこれ↓

【結論】
重曹とお酢を混ぜてペースト状にすれば、酸にもアルカリにも効果ある最強の汚れ落としになる。
しかも、手荒れ知らずで、口に入っても安心安全。(子どもじゃないんだから口に入れないけどね)
用途別にいろいろな洗剤を買っていましたが、今では重曹ひとつです。

タイトルとURLをコピーしました