おやつを手作りする理由 手間いらずのお腹がふくれるおやつ

スポンサーリンク

家で子どものためにおやつを手作りする・・・という柄ではありません。
めんどうだし、時間ももったいない。
DSC03758.jpg
そんな私が、おやつを手作りいたしました。


【固くなった食パンで】
お正月明けって、ちょいちょいいろんな食材や残り物が冷蔵庫にありがち。
気が付けば、パンの耳がかなり固くなりつつある食パンが台所にひっそりとあるではないですか。
こんな固くなりつつある食パンでは、サンドイッチもおいしくないし、どうしよう。
と、先日テレビでみた「パンでプディング」を思い出しました。
DSC03756.jpg
食パンを適当なサイズに切って、耐熱皿に並べて
DSC03757.jpg
上から牛乳と卵と砂糖を混ぜたものをかけます。
卵1個に牛乳150mlくらい。砂糖は大匙1杯程度。
少し時間をおいて、食パンに牛乳卵液が吸い込まれるのを待ちます。
あとはオーブンで焼いてできあがり。
オーブンは、オート機能のピザのスイッチを使いました。
DSC03760.jpg
あ、そうそう。
冷蔵庫に眠っていたプルーンもちぎって入れてます。
粉砂糖とメイプルシロップをお好みでかけて、トッピングにバニラアイスを。
表面はカリっとしていて、中はふんわり。
見た目おしゃれな、それでいてお腹にはずっしりくるおやつの完成です。
一人分に6枚切りの食パン1枚を使ってます。
卵は1個10円だし、バニラアイスはファミリーサイズのものが常に冷凍庫に入っております。
材料費すべて合わせても、一人分30円くらいでしょうか。
【手作りおやつをつくるわけ】
あ~あ・・・。
私が毎日家にいるなら、子どもたちのために愛情かけて、おやつはすべて手作りするのになぁ・・・。
・・・というのはうそです。
そんなの絶対しません。(きっぱり)
今回おやつを作ったのは、食パンが固くなりつつあり、そろそろヤバい状態だったから。
絶対に捨てるわけにもいかないし、かといってこのまま食パンを食べるには、おそらくおいしくない。
いかに子どもたちに食べさせるか・・・。
そんなときに、おやつをつくるのです。
子どもたちにはきわめて評判よろしく、「また作ってね」というリクエストまでいただきました。
はいはい、また作ります。
食パンがまた残ってしまったら、作りたいと思います。
子どもたちが食べている間
「パンdeプディング メイプルシロップとバニラアイスのせ プルーン添え」
ってな感じの、長たらしい名前をこれみよがしに言うと、どこぞのシャレたレストランのデザートっぽい感じになるので、さらに子どもたちは満足感が得られるでしょう。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

タイトルとURLをコピーしました